ギターを弾く時間をつくる方法でお勧めなのが、
「ギターをケースから出しておく。」
ケースにしまいこんでいると、ついつい出すのか゛
面倒になり、弾く時間も減っていきます。自分の
部屋や、リビングにスタンドに置いたギターが、
あると、つい手に取ってみたくなるものです。
クラシックギターの弦、とくに1,2,3弦はナイロン製なので
切れることがあまりないです。だからといってずっと交換
しないのはよくないです。1ヵ月位で交換が理想でしょう。
弦交換したばかりのギターはチューニングがなかなか合わず
大変です。こまめに調律しましょう。
クラシックギターは、弦の種類、メーカー、にによってかなり音が
変わります。いろいろ試してみるといいでしょう。
ダダリオの「プロアルテ、ノーマルテンション」が標準でしょう。
普段エレキギターを弾いている方がアコースティックギターを弾くと
弦が固く戸惑うことがあります。通常、新品のアコースティックギター
には、トップの弦が0.13もしくは0,12のセットが張ってあります。
初心者の方には、結構大変です。よく 「初心者なのでフォークギターが
いいかな、と思っています。」「フォークギターが簡単かなぁ」等、聞かれる
のですが、指板を押さえるだけならエレキギターの方が簡単です。
そこで当教室では最初に弦を細いセットに替えるのを進めています。
教室のレッスン貸しギターは、0.10のセットを使っています。
(0.10というのは1弦の太さ。)
新しくエレキギターを購入した場合0.09からの弦がついている
事が多いです。
私はギターに慣れたら、0.10のセットを進めています。理由は
チューニング安定度
音の太さ(僅かですが。)
弦がやや切れずらい。 など
ただ弦のテンションがきつくなったり、弦自体がすべて太くなるので
すこし違和感を感じることがあるかもしれません。(すぐ慣れますが、フルアコ
のギターなどはもっと太い弦を使用します。)

弦は何セットかまとめて購入した方がお得です。


生徒さんの中には会社員の方も多くいるらっしゃいます。
残業などで練習時間が取れないこともあると思います。
そこでアドバイスですが、「練習テーマを決める」ということでです。
ただギターをもって無計画に弾いていても限られた時間が勿体ないです。

例えば仕事が遅くなり、「5分か10分位しかしか時間が取れない。」
そんな時は「その時間で記憶できるもの。」が有効です。お勧めは
コード1個覚える。(音が出なくてもOK)
フレーズを1個覚える。(簡単なもの)
曲のコード進行の1部を覚える。(Aメロだけ、Bメロだけ、イントロだけ等)
など
いずれにしても「覚える。」のがポイントです。
クオリティーを上げる様な練習は時間のがあるときがが良いです。
レッスンの録音は、大丈夫です。動画でとられている生徒
さんもいらっしゃいます。
教室では、レッスン用貸しギターを用意しています。
仕事帰りや、学校帰り、雨天の時など、ギターを持ってこられない時
に利用してください。もちろん無料です。
子供レッスンの問い合わせが多くなりました。
小学生までは、月3回(1回30分)
月謝¥8000 入会金¥8000
全て税込です。(レベルアップ等、の値上りはありません。)
子供用レッスン貸しギターあります。(ギター持ってこなくても大丈夫です。)


皆さんこんにちは春になりましたね
さていよいよ
ミュージックトレインの発表会が
開催されます
2018年7月22日日曜日
タワーホール小ホール
午後2時30分クラシックギター部門
午後5時よりフリースタイル部門
スタート予定です

ご見学は自由です
是非お立ち寄りください