FC2ブログ
こんにちは。
今回は「B♭コードをマスターする」という内容で書いていきます。
難しいコードの代表として「Fコード」と「B♭コード」があります。

B♭コードは「Fコードの次に押さえられるようにしておくべきコード!」です。

「Fコードは押さえられるけどB♭はムリ!」「B♭コードは全然音が出ない!」など生徒さんからもよく聞かれます。要するに難問コードです。

では、B♭コードを攻略するポイントをまとめてみます。

1、「B♭コード」の押さえ方は2つ!

「B♭コード」は1フレット5弦から1弦までセーハ。(6弦からセーハでも構いません)4弦3フレット、3弦3フレット、2弦3フレットをそれぞれ押さえるコードです。
この時、4弦3フレットを中指、3弦3フレットを薬指、2弦3フレットを小指と押さえるやり方と、4弦3フレット、3弦3フレット、2弦3フレットを薬指を反らして3音押さえるやり方があります。最初の押さえ方はクラシックギターやフォークギターでよく使われるフォームです。
このフォームをここでは「アコギフォームのB♭」という名称をとりあえず使います。
もう1つのフォームはエレキギターでよく使うフォームなので「エレキフォームのB♭」と名称にします。


2、最初は「アコギフォームのB♭」で練習!

最終的には「アコギフォーム」「エレキフォーム」共に押さえられるようにするのがベストですが、まずは「アコギフォームのB♭」で練習します。
ちなみに「アコギフォーム」をエレキギターで使う事は問題ありません。ただし逆は音がより出づらくなる事があります。特にクラシックギターで「エレキフォームのB♭」を使うとネックの幅が広いので押さえる難易度が上がります。


3、「アコギフォームのB♭」は人差し指と中指が鍵!

「アコギフォームのB♭」のポイントは「人差し指と中指の開き」です。この2つの指の間は1フレット空いています。ですからまず、この2本の指の開きが楽に出来るようになっていなければならないのです。
練習方法としては人差し指と中指だけを使って練習します。人差し指を5弦1フレット、中指を4弦3フレット、この2本の指を同時に押さえる練習をします。「同時」という事が大事なポイントです。押さえる時2本の指に時間差があってはダメです。
これが出来たら人差し指は5弦からのセーハに変えて練習します。この時人差し指の指先が6弦に軽く触れていると6弦の音がミュートされ、B♭の基本形となります。(B♭のルート音は5弦の1フレット、6弦からのセーハだとルート音は6弦1フレットとなり正確にはB♭/Fというコードになります)

次回に続く!
こんにちは。
今回は「オルタネイトピッキング」
について考えていきます。
「オルタネイトピッキング」とはダウン、アップを交互にするピッキングです。ピッキングの基本になります。
ピッキングというのはダウンの方が楽な為、一度「ダウンのみで弾く!」という癖がついてしまうと、「オルタネイトピッキング」に矯正するのが大変になります。ですからなるべく初期に「アップ」を練習するのが良いと思います。
練習のやり方はいくらでもあります。例えばメジャースケールを各音2回ずつを(ド、ド、レ、レ、ミ、ミ、ファ、ファ、、、、)ダウンとアップの「オルタネイトピッキング」で弾く、、などです。

ただ「オルタネイトピッキング」をしていないギタリストも意外といます。私の知り合いのギタリストは「基本的にダウンピッキング、早いフレーズのみオルタネイトピッキング!」という感じででした。(とても上手です)
才能のある方は「オルタネイトピッキング」を無視しても素晴らしい演奏が出来るのだなぁと思いました。

「オルタネイトピッキング」は3連譜など奇数の音符の場合、ちょっとした問題が発生します。例えば3連譜が続く場合、一拍目は「ダウン、アップ、ダウン」二拍目は「アップ、ダウン、アップ」となり拍の頭が「アップ」と「ダウン」交互になり統一性がありません。
これが「アルペジオ的フレーズ」になるととても弾きづらい事になります。例えば、3弦の7フレットを薬指で、2弦の6フレットを中指、1弦の5フレットを人差し指でそれぞれ押さえます。
ピッキングを3弦、2弦、1弦、3弦、2弦、1弦と繰り返します。すると「ダウン、アップ、ダウン」のパターンと「アップ、ダウン、アップ」のパターンを交互に弾く事になります。(オルタネイトピッキングの場合)これが慣れないととても弾きずらいのです。

ちなみにこの場合すべて「ダウン、ダウン、アップ」に変更した方が弾きやすくなります。(個人差はありますが、、)

ですから「オルタネイトピッキング」は「3連譜などの奇数の音符がフレーズに入った場合、ピッキングのダウン、アップが逆転する!」という事を覚えておくといいと思います。これは「拍の頭が常にダウンピッキング、という流れが変わってしまう」という事です。

それでもピッキングに関しては「オルタネイトピッキング」が基本です。上手に弾けないフレーズの原因が「オルタネイトになっていなかった!」という事はよくある事です。

ダウンとアップの音の粒を揃えるのは最初は大変ですが、根気よく頑張りましょう!

また次回
こんにちは。
今回は「スタンダード曲のメモリー」というタイトルで書いていきます。(ジャスギターに特化した内容になります)
ジャスギターの学習の柱となるものは「スタンダード曲の習得」です。ジャスギターの練習は「スケール」「コード」などの基本をマスターしたら「スタンダード曲」を使いアドリブを練習していくという流れになります。


1、すぐ忘れる「スタンダード曲」

1曲目の「スタンダード曲」がなんとか仕上がり、次の曲に進み、その曲も仕上がり次の曲に進む、、、いつの間にか最初に仕上がった「スタンダード曲」はすっかり記憶の彼方です、、コードすら忘れています、、

これは稀な事で無く、ごく普通の事です。(笑)


2、ではどうすればいい?

記憶の基本は「反復」「刺激」です。まずはこれを認識しておきましょう。


2-1、まずは1曲だけ覚える!

ポイントは「1曲だけ!」という事です。他にいろんな曲を練習していたとても、覚えると決めた1曲は継続して反復です。


2-2、まずは「コード」を覚える!

ジャスギターの場合、コードを覚えている事がとても大事です。これは実際の演奏の現場でも痛感する事です。極端に言ってしまうと「その曲のコードさえ覚えていればなんとかなる!」のです。
このコードを覚える作業は最初の頃はなかなか大変ですが、曲をこなしていくうちに「コードパターン」が掴めてきます。(Dm7、G7と進行していたら次はCM7だろう、、など)

覚え方は「弾く」「書く」「コードパターン分析」です。


2-3、弾いて覚える!

基本はこれです(笑)
ただ「絶対に記憶する!」という意識が無いとダメです。テレビを見ながら何となく弾く、、では覚えられません。ポイントは「コードネームを言いながら(心の中でも可)練習」が効果ありです。「記憶」はいろいろな刺激があった方が脳に定着します。


2-4、書いて覚える!

これはとても効果的です。
指では覚えていても実際にその曲のコードを書いていくと「あれ??」と、なる事は多いはずです。最終的には頭の中でコード進行を追っていけると完璧です。この練習には楽器はいりません。(4小節もしくは8小節ずつ覚えていのが基本)


2-5、コードパターンを分析して覚える!

コード進行というのは「パターン」になっています。例えば、KeyがCでEm7、Am7、Dm7、G7というコード進行はⅢ-7、Ⅵ-7、Ⅱ-7、Ⅴ7となり、3-6-2-5パターンと呼ばれています。スタンダード曲の場合この様「パターン」が必ず出てきます。上記の2つの練習の時にこの「パターン」も意識して練習すると、より「記憶」が強固になります。

次回に続きます。
こんにちは。
今回は「コピーの重要性とフレーズ習得」というテーマで書いていきます。

歴史的に重要なアーチスト、または好みのギタリスト、それらの曲やソロのフレーズなどをコピーし自分のものにする事はとても大事な練習です。
音楽や絵画やダンスなどの芸事の基本は「模倣」だからです。「模倣」無しには自分の個性も開花していきません。貴方が憧れているギタリストも、憧れた先人のギタリストの影響を受けているのです。

今では「バンドスコア」等の楽譜が楽器屋さんの楽譜コーナーにたくさんあります。有名なギタリストのソロなどもネットなどで比較的入手しやすくなっています。(採譜が怪しい物もありますが、笑)まずはこれらを入手し、練習していくのが王道となります。
ちなみに「バンドスコア」は完全ではありません。採譜のミスや同じ音でもポジションの違い、などがあります。最終的には自分の耳での判断となります。

「コピー」の最終目標は「オリジナル音源と合わせて弾ける!」という事になるわけですが、出来れば「コピー」したソロなどを応用していければ更なるスキルアップとなります。

「応用」というのは簡単に言うと「コピーしたフレーズを自分のフレーズとして使えるようにする」ということです。例えば「ブルーノートペンタトニックスケール」というスケールがあります。このスケールはロックの曲でのギターソロでは必ずと言っていいほど使われているスケールです。このスケールは指使い的にも特徴があるのでコピーしたソロから探し出すのは比較的容易なはずです。ですからこのようなフレーズを「自分のブルーノートペンタトニックフレーズという引き出しに入れておく」のです。このスケールはブルースなどでも使う便利なものなのでそれに準じたフレーズをたくさん持っているというのはアドリブにおいてかなり有利です。

この「応用」に関してはjazz系の場合、さらに重要です。
まずjazz系の場合「バンドスコア」等の楽譜は基本的に無いです。輸入楽譜などで有名なアーチストの楽譜はありますが基本は「耳コピ」になります。この時、ソロをまるごとコピーするのも良い練習ですが(とても大変です!)「その曲のツーファイブの場所のフレーズをコピーする」がとても「応用」になる練習となります。
jazzでは「ツーファイブ」におけるフレーズの数が多いほどソロがカラフルになります。ですからツーファイブのフレーズをコピーし、フレーズ自体を増やしていくのが「カッコよく聞こえる」近道です

最初はその曲の何処が「ツーファイブ」かわからないと思います。まずは「スタンダード」を選曲し、Keyを確認し、(黒本などで確認)何回も聴きながらコピーしましょう。

また次回^_^