FC2ブログ
こんにちは。
今回は「まずはメジャーペンタトニックスケールでアドリブ」というタイトルで書いていきます。
「ペンタトニックスケール」は5音階の事です。この5音階で作られたスケールは世界中にあります。(民族音楽の世界では5音階はよく使われています)

今回はポピュラー音楽でのアドリブによく使う「メジャーペンタトニックスケール」を解説していきます。

「メジャーペンタトニックスケール」というのは「メジャースケール(ドレミ、、の意)」の1番目、2番目、3番目、5番目、6番目の音で出来た音階です。(keyCのダイアトニックコードで使用します)


Cメジャーペンタトニックスケール

ド、レ、ミ、ソ、ラ

となります。とてもシンプルなスケールですがポピュラー音楽にとてもマッチします。

ポイントととしては、このスケールを「ラ」の音から始めると、「Aブルーノートペンタトニックスケール」になるという事です。

Aブルーノートペンタトニックスケール

ラ、ド、レ、ミ、ソ

ちなみに、この「Aブルーノートペンタトニックスケール」を「Aマイナーペンタトニックスケール」と表記する事も有ります。

ですからkeyAのブルースなどで使っていた「Aブルーノートペンタトニックスケール」はkeyCのダイアトニックコードでのアドリブで使用可能です。
これは一見同じ音を使っているのでAのブルーノートペンタトニックスケールても、Cのメジャーペンタトニックスケールでも同じ、という感じがします、が、ギターの場合「ポジション」という「どの場所で弾くか?」という事が弾き易さや、スケールの見え方に関係します。

例えばCメジャーペンタトニックスケールというと、ギターの指板上では
6弦8フレット(ド)、6弦10フレット(レ)、5弦7フレット(ミ)、5弦10フレット(ソ)、4弦7フレット(ラ)、4弦10フレット(ド)、3弦7フレット(レ)、3弦9フレット(ミ)、2弦8フレット(ソ)、2弦10フレット(ラ)、1弦8フレット(ド)、1弦10フレット(レ)が基本的なポジションとなります。

Aブルーノートペンタトニックスケールの場合は、6弦5フレット(ラ)、6弦8フレット(ド)、5弦5フレット(レ)、5弦7フレット(ミ)、4弦5フレット(ソ)、4弦7フレット(ラ)、3弦5フレット(ド)、3弦7フレット(レ)、2弦5フレット(ミ)、2弦8フレット(ソ)、1弦5フレット(ラ)、1弦8フレット(ド)となります。
弾いてみるとわかる思いますがAブルーノートペンタトニックスケールの方が指使いがわかり易く、スケールが見え易いのです。

まとめ

keyCでのアドリブでは「Cメジャーペンタトニックスケール」が使えます。
しかし、同じ音の「Aブルーノートペンタトニックスケール」のポジションで弾いた方が指板上を把握し易いです。
ちなみにAブルーノートペンタトニックスケールの♭5の音(ミ♭)はCメジャーペンタトニックスケールにおいてはマイナー3th(ブルーノート)となります。(5弦7フレット、3弦8フレット)
上手く使うととてもいい感じになります!
こんにちは。
今回は「便利なドリアンスケール」というタイトルで書いていきます。内容的にはジャズギター系の話になります。

ドリアンスケールというのはメジャースケール(イオニアンスケール)に対して3番目と7番目の音が半音下がったスケールです。

Cドリアンスケール

ド、レ、ミ♭、ファ、ソ、ラ、シ♭

ちなみにCメジャースケールの2番にあたる「レ」の音から始まるスケールとも言えます。

Dドリアンスケール

レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド


3番の音がルートに対して短3度なので、マイナー系のスケールとなります。このスケールはダイアトニックコードのⅡm7に対応するスケールとなります。(keyCの場合、Ⅱm7はDm7)
使える「テンション」は2番の9th、4番目の11th、アボイドノートは6番目の音です。(Dドリアンスケールの場合、9htはミ、11thはソ、アボイドノートはシ)

このスケールの便利な点はノンダイアトニックコードのマイナーセブンスに使える、という事です。
ノンダイアトニックコードでの「m7」というのはセカンダリードミナントにおけるⅡm7が多いです。
例えばkeyCにおいてⅣM7のFM7に対してのセカンダリードミナント、C7、さらにこれをツーファイブ化して得られたGm7.C7、この時のGm7でGドリアンスケールが使えます。
(keyCでGm7.C7.FM7のコード進行の時Gm7でGドリアンスケールを使うの意)

さらによく使うコードとしてはⅣm7での使用です。このⅣm7はマイナーkeyではダイアトニックコードとなりますが、メジャーkeyではノンダイアトニックコードとなります。マイナーkeyからの借用和音となります。よくあるコード進行として、(keyC)
FM7.Fm7.Em7.Am7.Dm7.G7.CM7
(4度メジャー、4度マイナー、3、6、2、5、1と言います)この時のFm7でFドリアンスケールを使います。

また、同じマイナーセブンスのコードが続く時も使用が可能です。この場合は理論的にはマイナーkeyに転調したと考え、マイナースケール(エオリアン等)を使うのが基本となりますが、ドリアンスケールを使い「モード奏法」的な効果を狙う事もありです。

ちなみにドリアンスケールの6番目の音はアボイドノートですが「モード奏法」では「特性音」となり、使うべき音と、変化します。ですからドリアンスケールの6番目の音はアボイドノートという事を気にせずに使っていくのもあり、と思います。
こんにちは。
今回は「マニアックなコードオーギュメントメジャーセブン(augM7)」というタイトルで書いていきます。
(ジャズギター系の話になります)

通常、メジャーセブン系のテンションとしては「9」「#11」「13」が基本となります。オーギュメントの音はメジャーセブンで使うべきスケールとしてのイオニアンスケール、リディアンスケールには入っていません。
まずこの「オーギュメントメジャーセブン」(augM7)がどのスケールまたはコードから派生したか調べていきます。

答えは「メロディックマイナー」「ハーモニックマイナー」から派生しています。
まず「Cメロディックマイナースケール」で考えていきます。


Cメロディックマイナー

ド、レ、ミ♭、ファ、ソ、ラ、シ、

次にコードを作っていきます。3度重ねで、4声の和声を作ります。(ド、ミ♭、ソ、シやレ、ファ、ラ、ドのように)要するにCメロディックマイナー上のダイアトニックコードを見つける訳です。すると、

CmM7、Dm7、E♭augM7、F7、G7、Am7♭5、 Bm7♭5

このようなコードが出来ます。この中の3番目の和音に「E♭augM7」というのがあります。これが「オーギュメントメジャーセブンでです。
ギターでの押さえ方は5弦ルートの場合、5弦6フレット、4弦9フレット、3弦7フレット、2弦8フレットとなります。
6弦ルートの場合は6弦11フレット、5弦ミュート、4弦12フレット、3弦12フレット、2弦12フレットとなります。
これはE♭のルート音の上にGのトライアードがある状態です。(G/E♭)



次はハーモニックマイナーについて調べてみます。



Cハーモニックマイナー

ド、レ、ミ♭、ファ、ソ、ラ♭、シ

Cハーモニックマイナー上のダイアトニックコード

CmM7、Dm7♭5、E♭augM7、Fm7、G7、A♭M7、 Bdim7

この場合も3番目のに「オーギュメントメジャーセブン」のコードがあります。


今度は「オーギュメントメジャーセブン」に対応するスケールを調べてみます。

Cリディアンオーギュメントメジャースケール

ド、レ、ミ、ファ#、ソ#、ラ、シ

このようなスケールになります。これはルート音をE♭にすると、

ミ♭、ファ、ソ、ラ、シ、ド、レ

となり、Cのメロディックマイナーと同じスケールとなります。
ちなみにもう1つ考えられるスケールがあります。(こちらはほとんど使いませんが、、)

Cオーギュメントメジャースケール

ド、レ、ミ、ファ、ソ#、ラ、シ

これはルート音をE♭にすると、

ミ♭、ファ、ソ、ラ♭、シ、ド、レ

となりCのハーモニックマイナースケールと同じになります。

ではどこでこのコードを使うか?笑

普通のメジャーセブンのコードの場所で使ってもいいと思いますがピアノなどのコードと当然ぶつかります。(笑)(5度の場所で)ですからギタートリオなど和音を明確に出す楽器がいない方が自由です。

とりあえずはエンディングで使いましょう!笑

また次回


こんにちは。
今回は「アボイドノート」についての解説です。
「アボイドノート」というのは「スケール内の音で、そのスケールが対応するコードに対して、コードトーンにもテンションにもならない音」です。簡単に言うと「スケールには入っている音だけどコードトーン、テンション以外の音」となります。(同じでした、、)笑

アベイラブルノートスケールには大体1つか2つアボイドノートがあります。

イオニアンスケールのアボイドノートは4番目の音。
Cイオニアンスケールの場合アボイドノートはファの音。

ドリアンスケールの場合アボイドノートは6番目の音。
Dドリアンスケールの場合シの音。

フリジアンスケールの場合アボイドノートは2番目の音と6番目の音。
Eフリジアンスケールの場合アボイドノートはファとドの音。

リディアンスケールの場合アボイドノートはない!

ミクソリデイアンスケールの場合アボイドノートは4番目の音。
Gミクソリディアンスケールの場合アボイドノートはドの音。

エオリアンスケールの場合アボイドノートは6番目の音。
Aエオリアンスケールの場合アボイドノートはファの音。

ロクリアンスケールの場合アボイドノートは2番目の音。
Bロクリアンスケールの場合アボイドノートはドの音。

よく「アボイドノートはそのコードのから外れて聞こえる」との解説があります。そうなるとアボイドノートを全く使わないスケールを練習し、そのスケールを設定するのも有り、のような気がします。(Cイオニアンスケールの場合、アボイドノートのファの音を排除したスケール。ド、レ、ミ、ソ、ラ、シ)しかし、それではフレーズが単調になります。そもそもスケール自体に魅力を感じません。

私の考えではアボイドノートはどんどん使って構わないと思います。
もちろん1拍目などで長い音価でアボイドノートを使うと外れた感じにはなります。しかし経過音などで使うぶんには全く問題ないです。

アドリブの初期の練習ではアボイドノートを気にしていると全然弾けなくなってしまいます。ですからアボイドノートにこだわらずに自由にアドリブを展開していくといいと思います。
最終的には「自分の耳」での判断になります。
ちなみに私は「ドリアンスケール」のアボイドノートである6番目の音(長6度)は頻繁に使います。(笑)

またアボイドノートというのは「モード旋法」という演奏(理論)ではその音が「特性音」となり、使う事を推奨するという、機能和声の音楽とは正反対の考えになります。

また次回^_^
こんにちは。
今回は「ロクリアンスケールとは?」というテーマで書いていきます。
「ロクリアンスケール」とは「イオニアンスケール」(メジャースケール)に対して2番目の音が半音下がり、3番の音が半音下がり、5番目、6番目、7番目の音が半音下がります。(笑)メジャースケールからはかなり遠いスケールとなります。
簡単な例だとフリジアンスケールの5番目の音を半音下げたスケールとなります。
また、シ、ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シがこのスケールとなります。

Bロクリアンスケール
シ、ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ

Cロクリアンスケール
ド、レ♭、ミ♭、ファ、ソ♭、ラ♭、
シ♭、ド


また「ロクリアンスケール」はm7♭5のコードに対応します。
「テンションノート」(緊張を高める為、付加できる音)として4番目の音の「11th」と6番目の音の「♭13th」があります。なお2番目の音はアボイドノートです。ポイントとしては「♭13th」が使えるという事です。
アブイラブルノートスケール(イオニアン、ドリアン、フリジアン、リディアン、ミクソリディアン、エオリアン、ロクリアン)の中では「♭13th」がテンションノートとして使えるのはロクリアンスケールだけです。

「ロクリアンスケール」には実はもう1つ種類があります。それは「ロクリアン#2スケール」というスケールです。これはロクリアンスケールの2番目の音が半音上がったスケールです。Cロクリアンスケールですと2番目の音は、レ♭ですがCロクリアン#2スケールになると、レとなります。この、レの音はルート音に対して長2度となるので「Cロクリアン.ナチュラル2スケール」と表記することもあります。

Bロクリアン#2スケール
シ、ド#、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ

Cロクリアン#2スケール
ド、レ、ミ♭、ファ、ソ♭、ラ♭、シ♭、ド

ちなみにこの「ロクリアン#2スケール」は「オルタードスケール」の7番目の音からスタートする音階と同じです。ちなみに「リディアン♭7スケール」では3番目の音からになります。

「ロクリアン#2スケール」の場合、2番目の音は「テンションノート」として使えます。(9thとして使えるの意、)ですからアボイドノートは無くなります。

ではどのコードでこの「ロクリアン#2スケール」をどのようなコードで使うべきか?

基本的には「m7♭5」でのコードで使う事になります。コード表記に「m7♭5.9」とあれば、問題なく使える事となりますが、そのようなコードはほとんどありません。(笑)
ですから「メジャー系コードにツーファイブ」の形でⅡm7が♭5になっている場合がいいと思います。(Dm7♭5.G7.CM7のような進行)9thの音がスケール内に入っている為、スケール自体に「メジャー感」のような感じがほんのすこしですが、あるような感じがします。
(I love youの出だしなど)

もちろん現代的な感じを出す為に普通の「m7♭5」で使うのもありです。
(ステラバイ.スターライトの出だしなど)

また次回^_^
こんにちは。
今回は「マイナー7t hコードで使うスケールは?」という内容で解説していきます。

例えば、レッスンの時などに「ここはm7コードだからマイナースケールを使う、でいいですか?」のよう質問を受けるとします。答えとしては「 m7コードだからと言って全てがマイナースケールで合うのではありません」という事になります。

まずはそのm7コードがメジャーkeyで使用されているのか、マイナーkeyで使用されているのか、又、ダイアトニックコードとして使用されているのか、ノンダイアトニックコードとして使用されているのかで大きく違ってきます。ではメジャーkeyから考えていきます。


1、メジャーkeyのダイアトニックコードとしてのm7コードの場合。

この場合、考えられるm7コードは
Ⅱm7、Ⅲm7、Ⅵm7となります。それぞれ対応するスケールが違ってきます。
Ⅱm7はドリアンスケール。(keyCの場合、Dドリアンスケール)
Ⅲm7はフリジアンスケール。(keyCの場合、Eフリジアンスケール)
Ⅵm7はエオリアンスケール、これはナチュラルマイナースケールとも言います。(keyCの場合、Aエオリアンスケール、もしくはAナチュラルマイナースケール)


2、マイナーkeyのダイアトニックコードとしてのm7コードの場合。

Ⅰm7はエオリアンスケール。もしくはナチュラルマイナースケール。他にⅠm7をⅠmと考えて、ハーモニックマイナースケール、メロディックマイナースケール。モード奏法的なサウンドを狙ってドリアンスケールを使う事もあります。keyCmの場合、Cエオリアンスケール、Cナチュラルマイナースケール、Cハーモニックマイナースケール、Cメロディックマイナースケール、Cドリアンスケール)

Ⅳm7はドリアンスケールになります。(keyCmの場合 Fドリアンスケール)

Ⅴm7(あまり使われませんが)はフリジアンスケール。(keyCmの場合Gフリジアンスケール)

Ⅱm7(メロディックマイナースケールのダイアトニックコードです。ほとんど使用されません)はドリアン♭2スケールになります。

3、ノンダイアトニックコードのm7は基本的にはドリアンスケールです。ちなみにノンダイアトニックコードのm7が連続する場合はそのマイナーkeyに転調した、と考えてエオリアンスケールにします。

4、m6のコードの場合はメロディックマイナースケールになります。ドリアンスケールの中にも6thの音はあるのですがアボイドノートとなる為、使用が厳しいです。(実際の演奏ではよく使用しますが、、笑)
マイナースケールの中で6thの音が使えるスケールはメロディックマイナースケールしかありません。


また次回^_^
こんにちは。
今回は「ドミナント7thコードで使うスケール」という内容で解説していきます。
まずはドミナント7thコード(G7、B♭7など)では使えるスケールが複数あるので、それを書いていきます。

1、ミクソリディアンスケール
2、リディアン♭7スケール
3、ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウスケール(HP5スケール)
4、オルタードスケール
5、コンビネーションディミニッシュスケール
6、ホールトーンスケール

次にこれのどのスケールを使うか?を考えていきます。

まずはそのkeyのⅤ7で使う場合です。これはメジャーkeyとマイナーkeyで使用するスケールが違ってきます。

メジャーkeyのⅤ7で使うスケール。(keyCの場合G7)
1、2、3、4、5、6の全てのスケールが使用可能です。ちなみに3は使え無いとの理論書もありますが、使っても全く問題ないです。

マイナーkeyのⅤ7で使うスケール。(keyCmの場合G7)
3、4、5、が使用可能です。考え方としては「そのスケールに9thがあるか、無いか」です。マイナーkeyの場合9thがあるスケールは使えません。

次はノンダイアトニックコードのドミナント7thについて考えていきます。
この場合「次のコードにドミナントモーションして解決しているか、いないか」まずはこれを分けて考えていきます。

次のコードにドミナントモーションして解決している場合。(セカンダリードミナント等がこれにあたります。例えばkeyCの場合D7.G7やA7.D m7など)
更に解決先のコードがメジャー系か、マイナー系かで分かれます。

ノンダイアトニックコードのドミナント7thコードがメジャー系に解決する場合。

この場合は1、2、3、4、5、6の全てのスケールが使用可能です。


ノンダイアトニックコードのドミナント7thコードがマイナー系に解決する場合。

この場合は3、4、5が使用可能です。
考え方としてはⅤ7と同じパターンとなります。

では解決していない場合です。この場合は基本的2を使います。1を使っても大丈夫です。ただ例外があります。メジャーkeyのⅢ7がⅣに進む場合などはⅢ7がⅥmに進むと考えた方がスケール設定がしっくりします。例えばkeyCでE7からFM7に進む場合、E7のコードは「解決していないドミナント7th」となり使用スケールはリディアン♭7スケールとなりますが、この場合は解決先のFM7はkey FのⅠと考え、代理コードのⅢm7のA m7に進むと考えた方がサウンドがいいです。(E7. FM7をE7.Am7と考える)
またマイナーkeyのⅡ7も解決していない場合がありますが、9thが入ったスケールは使いずらく、この場合は4のオルタードスケールとなります。

また次回