FC2ブログ
こんにちは。
今回は前回の続きとなります。
前回ではメロディックマイナースケールのダイアトニックコードを探し、対応スケールを導いていきました。

いろいろと興味深いスケールがありましたが、今回は第2段です。

とりあえず前回のおさらいです。


Cメロディックマイナースケール(上昇形)

ド、レ、ミ♭、ファ、ソ、ラ、シ



Cメロディックマイナースケールのダイアトニックコード



ド、ミ♭、ソ、シ→CmM7(ⅠmM7)

レ、ファ、ラ、ド→Dm7(Ⅱm7)

ミ♭、ソ、シ、レ→E♭augM7(Ⅲ♭+M7)

ファ、ラ、ド、ミ♭→F7(Ⅳ7)

ソ、ラ、ド、ミ→G7(Ⅴ7)

ラ、ド、ミ♭、ソ→Am7♭5(Ⅵm♭5)

シ、レ、ファ、ラ→Bm7♭5(Ⅶm7♭5)


そしてスケールを導いていきました。


CmM7→Cメロディックマイナースケール

Dm7→Dドリアン♭2スケール

E♭augM7→E♭リディアンオーギュメントスケール

F7→Fリディアン♭7スケール

G7→Gミクソリディアン♭6スケール

Am7♭5→ロクリアン♮ 2スケール

Bm7♭5→Bオルタードスケール

ここまでが前回のおさらいです。

では、興味深いスケールを見ていきます。

「Dm7→Dドリアン♭2スケール」

ドリアンスケールでは通常♮2(9th)なのですが♭2とは、、(笑)雰囲気的にはフリジアンスケールに似てるかもしれません。実際に使う場合は♭2の音はアボイドノートになってしまう感じです。


「E♭augM7→E♭リディアンオーギュメントスケール」

現代ジャスではこのコード、たまに使われています。和声的にはE♭のルート音の上にFのトライアードが乗っている感じになります。アッパーストラクチャー的和音です。通常のメジャー7thでこのスケールを使うと不思議な感じにります。


「G7→Gミクソリディアン♭6スケール」

普通のミクソリディアンスケールに対して♭13thが入った感じのスケールです。個人的にはこのスケールは違和感なく、普通に使えそうな気がします。
このスケールでは♮2(9th)と♭6(♭13th)の音が入っています。この組み合わせの代表的なスケールとしてはホールトーンスケールがあります。ちなみに逆の#2(♭9)もしくは♭2(♭9th)と♮6(13th)の組み合わせではコンビネーションディミニッシュスケールがあります。


「Am7♭5→ロクリアン♮ 2スケール」

これは比較的知られているスケールです。「ロクリアン#2」や「スーパーロクリアン」のように呼ばれていた気もします。
使用場所としては、メジャー系コードに解決するツーファイブでⅡ-7がⅡ-7♭5になっているときの使用がベストです。(Am7♭5〜D7〜GM7のような場合)
ちなみにこの場合の♮2はテンション9thとなりアボイドノートではなくなります。(普通のロクリアンスケールでは♭2の音があり、これがアボイドノートとなっています)


このあたりの「あまりメジャーではないスケール」を研究、熟知していけば何か新しい自分のスタイルが出来るかもしれません、、、

また次回^_^
こんにちは。
今回は「メロディックマイナースケールのダイアトニックコードとは?」というタイトルで解説していきます。

ジャズをかなり勉強した方でも「メジャースケールのダイアトニックは覚えているけど、メロディックマイナースケールのダイアトニックなんて知らない!そもそも必要ある?」
のような意見があります。(笑)

実際、あまり実践に使う事はないかもしれません。しかし、この「メロディックマイナースケール」から派生するスケールなどは意外と興味深いものがあります。
(ちなみにメロディックマイナースケールは上昇形と下降形があり後者はナチュラルマイナースケールになります)


Cメロディックマイナースケール(上昇形)

ド、レ、ミ♭、ファ、ソ、ラ、シ


スケールはこのようになります。では3度重ねて和音を作っています。

ド、ミ♭、ソ、シ→CmM7(ⅠmM7)

レ、ファ、ラ、ド→Dm7(Ⅱm7)

ミ♭、ソ、シ、レ→E♭augM7(Ⅲ♭+M7)

ファ、ラ、ド、ミ♭→F7(Ⅳ7)

ソ、ラ、ド、ミ→G7(Ⅴ7)

ラ、ド、ミ♭、ソ→Am7♭5(Ⅵm♭5)

シ、レ、ファ、ラ→Bm7♭5(Ⅶm7♭5)


以上が「メロディックマイナースケールのダイアトニックコード」となります。(不思議なコードもあります笑)

次にこのダイアトニックコードに当てはまるスケールを考えていきます。


CmM7→Cメロディックマイナースケール

Dm7→Dドリアン♭2スケール

E♭augM7→E♭リディアンオーギュメントスケール

F7→Fリディアン♭7スケール

G7→Gミクソリディアン♭6スケール

Am7♭5→ロクリアン♮2スケール

Bm7♭5→Bオルタードスケール


このようになります。ポイントとしては「メロディックマイナースケール」と「リディアン♭7スケール」と「オルタードスケール」は同一スケール上に存在するということです。

もう1点、注目する事としては、
「Bm7♭5→Bオルタードスケール」
これです!
普段ドミナント7thで使用していた「オルタードスケール」はマイナー7th♭5のコードから派生したと考えられます。ですからマイナー7th♭5スケールとオルタードスケールとは親和性がある、ということになります。ただ実際にBm7♭5のコードでBのオルタードスケールを使った場合、オルタードのM3度の音がぶつかりまくります。笑
しかし、逆はかなりいい感じになります。要するに本来Bのオルタードスケールを使うコードでBm7♭5の分散和音を弾くということです。(B7.Emのようなコード進行においてB7の場所でBm7♭5の分散和音を弾くの意)

このスケールには、まだまだ興味深いスケールがありますが、次回に続きます。
こんにちは。

前回の続きになります。

今回は「マイナーペンタトニックスケールの活用」というタイトルにしてみました。

ちなみに「マイナーペンタトニックスケール」と「ブルーノートペンタトニックスケール」は同じと考えて下さい。「ブルーノートペンタトニックスケール」という表記だと「ブルーノート」を使っているような感覚になります。今回は「ブルース風」になるわけではない為、「マイナーペンタトニックスケール」と表記します。



1、「リディアンスケールの半音下のマイナーペンタトニックスケールを使う!」

要するに、CM7のコードでCリディアンスケールを設定した場合、Bマイナーペンタトニックスケールが使用可能ということです。

Cリディアンスケール

ド、レ、ミ、ファ#、ソ、ラ、シ


Bマイナーペンタトニックスケール

シ、レ、ミ、ファ#、ラ

Bマイナーペンタトニックスケールの音はCリディアンスケールの中にすべて入っています。(シはM7th、レは9th、ミは3th、ファ#は11th、ラは13thもしくは6th)


2、「オルタードスケールの3番目の音(短3度上)のマイナーペンタトニックスケールを使う!」

G7のコードでGオルタードスケールを使う場合、B♭マイナーペンタトニックスケールが使える!ということです。

Gオルタードスケール

ソ、ラ♭、シ♭、シ、レ♭、ミ♭、ファ


B♭マイナーペンタトニックスケール

シ♭、レ♭、ミ♭、ファ、ラ♭


B♭マイナーペンタトニックスケールの音はGオルタードスケールにすべて入っています。(シ♭は#9th、レ♭は♭5th、
ミ♭は♭13th、ファは♭7th、ラ♭は♭9th)



3、「ドリアンスケール、エオリアンスケールの完全4度下(5番の音)のマイナーペンタトニックスケールが使える!」

Dドリアンスケール、Dエオリアンスケールにおいて、Aマイナーペンタトニックスケールが使えるということです。


Dドリアンスケール

レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド

Dエオリアンスケール

レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ♭、ド



Aマイナーペンタトニックスケール

ラ、ド、レ、ミ、ソ

一致しています!(ラは5th、ドは♭7th、レはルート、ミは9th、ソは11th)

ですから、Dm7、G7、CM7(keyC)という「ツーファイブ」のコード進行において、Dm7でAマイナーペンタトニックスケール、G7でB♭マイナーペンタトニックスケール、CM7でBマイナーペンタトニックスケールが使えるということになります。(CM7は本来イオニアンスケールですがリディアンスケールを使用しています)

是非試してみて下さい!

また次回も!
こんにちは。
今回は「ブルーノートペンタトニックスケールとマイナー系のスケールの関係」(長い、、)というタイトルで考えていきます。

「ブルーノートペンタトニックスケール」は5つの音からできるスケールです。通常「ブルース」やメジャーkeyのスケールで使用します。

実はこのスケールはマイナー系のコード等にもよく合うスケールです。

例えばkeyがCmの曲で考えていきます。この場所、転調やノンダイアトニックコードが無ければ、使用スケールはCmスケールとなります。(Cナチュラルマイナースケール、Cエオリアンスケール)
他にもCハーモニックマイナースケールやCメロディックマイナースケールなども考えられますが、「Cナチュラルマイナースケールを使う」ということで話を進めていきます。

ここでCブルーノートペンタトニックスケールとCナチュラルマイナースケールの音の確認をしてみます。

Cブルーノートペンタトニックスケール

ド、ミ♭、ファ、ソ、シ♭


Cナチュラルマイナースケール

ド、レ、ミ♭、ファ、ソ、ラ♭、シ♭


となり、Cブルーノートペンタトニックスケールの音はCナチュラルマイナースケールの中に全て入っています。しかもアボイドノートはありません。ファの音はテンションの11thになります。

ですからマイナーkeyではブルーノートペンタトニックスケールがとても合うのです。ただ勘違いしやすい事としては「ブルーノートの響きはしない!」ということです。「ブルーノートの響き」とは基本的には「メジャーkeyに対してブルーノートと言われる(3♭th等)音を使って響く音、簡単に言えばメジャーkeyに対して、マイナー系のスケールを使った響き!」ということになるからです。

では他のスケールでもブルーノートペンタトニックスケールを代用できるか、考えていきます。

Cドリアンスケール

ド、レ、ミ♭、ファ、ソ、ラ、シ♭

このスケールも、Cブルーノートペンタトニックスケールの、ド、ミ♭、ファ、ソ、シ♭が一致しているので代用可能となります。

Cフリジアンスケール

ド、レ♭、ミ♭、ファ、ソ、ラ♭、シ♭

このスケールもCブルーノートペンタトニックスケールでの代用が可能です。

ロクリアンスケールでは5thが半音でぶつかってしまいます。(ロクリアンスケールでは5♭になる為)
また、ハーモニックマイナースケール、メロディックマイナースケールでは7♭thがぶつかります。

まとめ。

ブルーノートペンタトニックスケールはナチュラルマイナースケール(エオリアンスケール)、ドリアンスケール、フリジアンスケールの代用になります。

実はブルーノートペンタトニックスケールは他に代用できるスケールがあります。それは次回で解説します。
こんにちは。

台風が大きな傷跡を各地に残しました。災害に遭われた方お見舞い申し上げます。

今回は「準備、確認する!」ということについて考えてみます。

私は今回の台風の前日にライブがあったり、レッスンが立て込んでいたしたため、いろいろな準備が遅れてしまいました。
停電を心配し懐中電灯の電池を買いに行ったのですが、全く無いです!(笑)
しかもパンや水なども、ほとんどありません。
3.11の震災以降、防災グッズを揃えていたのですが、非常食等は賞味期限切れでした、、懐中電灯も電池が切れて使い物になりません。
また、窓に貼る養生テープなどは売り切れでした。「日頃の準備と確認が必要!」と痛感しました。

幸い被害がなく普段通りの生活ができていますが紙一重のような気がします。


「準備する!」と「確認!」は演奏などの世界でも大いに必要なことです。
私は車の中に新品のシールドを常備しています。(2年程前から)「これを使用することないだろう!」と思っていたのですが、最近使用しました。(笑)
ライブやリハーサルがある時はギターとシールドは必ず点検して出発するのですが「入れたと思っていた!」これが曲者でした。
以前アンプの電源コンセントなどを忘れたことがあり顰蹙をかい、気をつけていました、、、

とんでもない忘れ物としては「楽器本体を忘れた!」というのもあります。要は「車に積み忘れたのです」(笑)
ちなみに現場が近くだったので取りに帰りました。

現場で弦が切れ、予備がないというのはよくあることです。ちょとした準備と確認で難を乗り切ることが出来るはずなのですが、、、

レッスン開始時に生徒さんから「今日レッスンでやる楽譜全て忘れた!」などもあります。(笑)

実際は全てを準備、確認することは難しいです。楽器の故障などを考えれは常に予備が必要となります。ただできる限りのことはやるべきだと思っています。(これがなかなか難しい)

台風の話から強引に繋げてみた感じですがやはり「準備」と「確認」は大事ですね!

また次回^_^

こんにちは。
今回は「ジャズ、スタンダードナンバーの暗譜」というタイトルで書いていきます。

jazzの世界では「スタンダードナンバーをメモリーしているか、いないか、」ということでそのミュージシャンの力量を判断されることが多々あります。(最近はそうでもないですが、笑)

ただ、ジャムセッション等で自分のレパートリーを弾くのに譜面を広げているのは少々カッコ悪い感じがします。
今回はスタンダードナンバーの暗譜のコツを考えていきます。


1.まずはコードを覚える!

これが最初のステップになります。この時に大事なことは「ただ弾いて覚える」のではなく、「サビはこのコードから!」など具体的に覚えるのがコツです。ですから譜面はきちんと、一段が4小節単位になっていなければなりません。そして4小節または8小節単位で覚えていきます。ギターを使わずにコード進行をノートに書ける状態にします。また「頭の中でコード進行を追っていく!」というのもいいと思います。とにかく「記憶」は「想起する回数」が大事です。


2.メロディーを覚える!

まずは「単音で弾く」がポイントになります。また「どのポジションで弾くか?」というのはとても大事になります。基本的には「そのメロディーに対応するコードを把握して覚える」が記憶されやすいです。

また、メロディーにコードを付けて弾く奏法(ハーモナイズ)に凝り過ぎてしまうと、テンポが速い場合に弾けなくなる恐れがあります。コード付けはシンプルな方がいいです。

メロディーは弾き込んでいくうちに「自分なりの歌わせ方」のようなものが出来てきます。このあたりになるとメロディーを完璧に覚えていなくても、なんとなく弾けるようになります。

暗譜には秘伝がありません(笑)
「反復」そして「想起」です。

また次回^_^
こんにちは。
今回は「アドリブ習得の為のコピー」というタイトルで書いていきます。

レッスンの中でエレキギターの生徒さんには「ブルース」を取り入れています。内容的には3コードの比較的簡単なものです。生徒さんにブルーノートペンタトニックスケール等の音階でアドリブをやってもらう感じになるのですが、なかなかブルース的なフレーズになりづらいのです。

「ブルーノートペンタトニックスケール」自体は簡単に覚えられますが、それを「フレーズ化」するのが大変です。

そこで必要になるのが「聴く!」と「コピー」です。
「聴く!」というのは「先人のギタリストの音源を聴く!」ということです。一流と言われるギタリストはその人独自の「フレーズ」や「間の取り方」「音のニュアンス」があります。ですから気に入ったギタリストがいればそれらを「模倣」していきます。そして「コピー」していきます。
「コピー」も大きく分けて「フルコピー」と「フレーズコピー」があります。ブルース習得の為には「フレーズコピー」がおすすめです。要するに一流ギタリストの「フレーズ」をコピーし、ストックしておくのです。
現在では「ブルーノートのフレーズ集」のような教則本がありますが自分の耳で苦労してコピーしたフレーズは忘れません。(笑)

色々な「フレーズ」をコピーしていくうちに自分の中で「この辺の音を通っていくと、こんな感じ!」というような「フレーズの通り道」のようなパターンが多く出来ていきます。そうすると自分でフレーズを作成することが楽になっていきます。
また、このあたりになると「即興でフレーズの後半を変化させる!」など臨機応変に対応できるようになります。

「アドリブ」の習得の為に「スケール」や「コードトーン」を練習している方はたくさんいると思います。しかしこれだけでは片手間です。それらを「フレーズ化」していくのが大事です。

ちなみにコピーしたフレーズを実際に使えるまでにはかなりの練習が必要です。またそのフレーズを移調して使えることも必要になっていきます。

ですから「不完全なフレーズを多数」より「完全に自分のものとなったフレーズを少量」(笑)というのがポイントです。