FC2ブログ
こんにちは。
今回は「知る人ぞ知るハーモニックメジャースケール?」というタイトルで書いていきます。

どんなスケールか?

メジャースケール(イオニアンスケール)の6番目の音が半音下がってるいるスケールです。

Cハーモニックメジャースケール

ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ♭、シ

このようなスケールとなります。音階の途中からアラブ風に変わる感じです。(笑)とりあえず癖のある音階です。
ちなみに、ある理論書によれば「メジャーとマイナーの要素があるスケール」とのことです。

ではこの音階をダイアトニックコード化していきます。

ド、ミ、ソ、シ→CM7(ⅠM7)

レ、ファ、ラ♭、ド→Dm7♭5(Ⅱm7♭5)

ミ、ソ、シ、レ→Em7(Ⅲm7)

ファ、ラ♭、ド、ミ→FmM7(ⅣmM7)

ソ、シ、レ、ファ→G7(Ⅴ7)

ラ♭、ド、ミ、ソ→A♭+M7(Ⅵ♭+M)

シ、レ、ファ、ラ♭→Bdim7(Ⅶdim7)


対応スケールを調べていきます。
(強引にスケール名をつけていきます。笑)

CM7(ⅠM7)→Cハーモニックメジャースケール

Dm7♭5(Ⅱm7♭5)→Dロクリアン#2♮6スケール(Dドリアン♭5)


Em7(Ⅲm7)→Eフリジアン♭4スケール

FmM7(ⅣmM7)→Fメロディックマイナー♭5スケール

G7(Ⅴ7)→Gミクソリディアン♭2スケール

A♭+M7(Ⅵ♭+M)→A♭リディアンオーギュメント#2スケール(笑)

Bdim7(Ⅶdim7)→Bロクリアン♭♭7スケール

全く聞いた事の無いスケールだらけです。(笑)(私が勝手につけたスケール名ですが、、笑)
いろいろと突っみどころがあるスケールが目白押しです。例えば、Eフリジアン♭4スケール、、♭4とはメジャー3度の音です。m7コードに対応という事でフリジアンスケールを設定しましたがメジャー3度が入っているとは、、、!(笑)

ちなみに、私は以前このスケールを少しばかり研究し練習した事があるのですが、スケールの中に短3度(フレット3つ分)開いているところがあり、その部分がどうしても気になり、結局練習しなくなりました、、笑


また次回





こんにちは。
今回は「ハーモニックマイナースケールのダイアトニックコードとスケール」というタイトルのマニアックな話です。「こんなの覚えて実際の演奏で使えるの、、?」的な解説ですが、意外な発見があるかもしれません、、(笑)


Cマイナーハーモニックスケール

ド、レ、ミ♭、ファ、ソ、ラ♭、シ
(♭6thのラ♭はアボイドノート)

ではこのスケールをダイアトニックコード化していきます。

ド、ミ♭、ソ、シ→CmM7 (ⅠmM7)

レ、ファ、ラ♭、ド→Dm7♭5(Ⅱm7♭5)

ミ♭、ソ、シ、レ→E♭augM7(Ⅲ♭+M7)

ファ、ラ♭、ド、ミ♭→Fm7(Ⅳm7)

ソ、シ、レ、ファ→G7(Ⅴ7)

ラ♭、ド、ミ♭、ソ→A♭M7(Ⅵ♭M7)

シ、レ、ファ、ラ♭→Bdim7(Ⅶdim7)

では、これらのコードから対応スケールを導いていきます。(独断で強引にスケール名をつけていきます、、笑)


CmM7 (ⅠmM7)→Cハーモニックマイナースケール

Dm7♭5(Ⅱm7♭5)→Dロクリアン♮6スケール

E♭augM7(Ⅲ♭+M7)→E♭イオニアンオーギュメントスケール

Fm7(Ⅳm7)→Fドリアン#4スケール

G7(Ⅴ7)→Gハーモニックマイナーパーフェクト5ビロウスケール

A♭M7(Ⅵ♭M7) →A♭リディアン#2スケール

Bdim7(Ⅶdim7)→Bオルタード♭♭7スケール


こんな感じになりました、、、笑

いろいろと「???」的なスケールが出てきました。

「ハーモニックマイナースケール」というと完全5度下の「ハーモニックマイナーパーフェクト5ビロウスケール」が理論的に知られていますが他のスケールはほとんど知られていません。

ただ興味深いスケールは多々あります。(笑)
例えば、「ロクリアン♮6スケール」や「イオニアンオーギュメントスケール」「ドリアン#4スケール」などは、なんとか使えるかもしれません。(笑)
(ネームング的にインパクトがあります。例えば、知り合いのミュージシャンに「そこのコードはドリアン#4スケールを使ったけど、なにか、、?」など、、笑)

そして強力なものが「リディアン♯2スケール」!!

一応対応コードがメジャー7系なので「イオニアン」系か「リディアン」系にはなると思いましたが「#2」の音が入っているとは、、?!
「#2」というのは「短3度」(増2度)なので、ようはマイナーの3度が入っている状態です。またメジャーの3度(長3度)も入っているので、まるで「ブルーノートスケール」のような雰囲気です。
そして「オルタード♭♭7スケール」(オルタードダブルフラットセブンスケール)笑、!

ようするにオルタードスケールで「♭13th」と「13th」が入っているということです。

スケールの世界は奥深いです。笑

また次回^_^