FC2ブログ
こんにちは。
今回は「コンビネーションディミニッシュスケールの秘密」というタイトルで書いていきます。
(長いのでコンディミスケールと表記します)

このスケールはドミナント7thのコードで使用します。正確にはⅤ7やセカンダリードミナント等の「解決」する7thコードに使用します。(解決していない7thコードや9thを含んだ7thコードには通常使用しません。これは♭9thと#9thが入っている為です)


ではどのようなスケールか?


Cコンビネーションディミニッシュスケール

ド、レ♭、レ#、ミ、ソ♭、ソ、ラ、シ♭


C7のコードに当てはめた場合。

ド→ルート
レ♭→♭9th
レ#→#9th
ミ→3th
ソ♭→♭5th
ソ→5th
ラ→13th
シ♭→♭7th

ではこのスケールについてのポイントを上げていきます。


1、スケールの音が8個ある!

通常スケールの音は7個ですが、このスケールは8個!(ちなみに7個ではないスケールもあります。ホールトーンスケールは6個、ブルーノートペンタトニックスケールは5個など)


2、スケール内に♭9th、13thを含んでいる!(♭5thもあり)

マイナー系コードに傾斜しやすい♭9th、メジャー系コードに傾斜しやすい13thを含んでいます。この2のテンションを含むスケールは基本的にこのスケールのみです。


3、スケールが短三度ごとに同じ配列(度数)になっている。

短三度とはこの場合3つ目の音のことになります。
それらの音からスタートするスケールの並びが半音、全音、半音、全音の交互になっています。


Cコンビネーションディミニッシュスケール

ド、レ♭、レ#、ミ、ソ♭、ソ、ラ、シ♭


3つ目の音をルートにすると


D#(E♭)コンビネーションディミニッシュスケール

レ#、ミ、ソ♭、ソ、ラ、シ♭、ド、レ♭


さらに3つ目の音をルートにすると


G♭(F#)コンビネーションディミニッシュスケール

ソ♭、ソ、ラ、シ♭、ド、レ♭、レ#、ミ


さらに3つ目の音をルートにすると

Aコンビネーションディミニッシュスケール

ラ、シ♭、ド、レ♭、レ#、ミ、ソ♭、ソ


全て半音、全音、半音、全音の交互になっています。
要するに、

CコンディミスケールとD#(E♭)コンディミスケールとG♭(F#)コンディミスケールとAコンディミスケールは同じ!という事になります。
ですからCのコンディミスケールを弾いた場合、D#(E♭)コンディミスケール、G♭(F#)のコンディミスケール、Aのコンディミスケールを弾いている事になるわけです。(4つのスケールが同じになります)

ですからこのようにも考えられます。

CのコンディミスケールはD#(E♭)、G♭(F#)、Aのコンディミスケールと同じなので、

CのコンディミスケールはC7、D#7(E♭7)、G♭7(F#7)、A7で使用可能。

D♭(C#)コンディミスケールはD♭7(C#7)、E7、G7、B♭7(A#7)で使用可能。

DのコンディミスケールはD7、F7、A♭7(G#7)、B7で使用可能。

これで全てのドミナント7thコードが出現しました。

ようは「コンディミスケールは3タイプ(スケールをずらすだけ)覚えれば全てのドミナント7thコードに対応出来る!」となります。ただしドミナント7thコードの条件は最初の明記したものとなります。

続きます、、、
こんにちは。
今回は「クラシックギターの名曲、アルハンブラの思い出」というタイトルで書いていきます。

「クラシックギターの名曲は?」の質問に対して、かなり上位に出てくるであろう曲、それは「アルハンブラの思い出」です。
この曲はギターを知らない人でも、さわりの部分を聴かせると「あっ、!聴いた事がある!」などの反応があります。
ステージなどのアンコールでもよく選曲されます。私も結構弾きました。笑

クラシックギターの名曲というとこの
「アルハンブラの思い出」と「禁じられた遊び」です。
ここで問題なのが、「ギターをやっているのであれば「アルハンブラの思い出」ぐらい弾けるでしょう?」と思われがちな事です。笑

はっきり言います!
「アルハンブラの思い出」はかなり難しいです!そう簡単に弾ける曲ではないのです。(クオリティの差はありますが、、)
ですから安易にらアンコールで要求されても大変なのです!笑

ちなみ「アルハンブラの思い出」という曲は、スペインのフランシスコ・ターレガによるものです。トレモロ奏法による、とても繊細な曲になります。

ここから「アルハンブラの思い出」の難しさと、練習方法などを考えていきます。

まずは「トレモロ奏法」!これが厄介です。
何故ならこの「トレモロ」というのが、ギターの基本練習の中に入っていない事が多いからです。アルペジオやスケールやスラーなどはギターの初期の段階からトレーニングを積んでいきますが、トレモロにおいては「トレモロ奏法が必要な曲に出会い、その時点から練習を開始する」という事になりがちです。

「トレモロでの音の粒を揃える」などは、ある程度の継続的な練習が必須となります。ですから攻略法としては「ある程度早い時期からトレモロの練習を基本練習に加える!」という事になります。

「アルハンブラの思い出」に関しては一見「右手のトレモロが大変!」のように言われがちですが、「左手もさらに大変なのです!」
どのように大変かというと「右手のトレモロの流れを切らずに左手の和声を変えていく」、、、


トレモロの楽譜上の表記は32分音符です。左手の移動の少しの遅れが、メロディーを断ち切ってしまう原因となります。

左手の攻略としては、「和音の状態で徹底的に練習する!」となります。

ちなみに、具体的な練習としては、

1、トレモロのみの練習(開放弦でもOK)
2、左手の和音の練習
3、右手をp.iまたはp.mまたはp.aで練習
4、リズムを厳しくして(変化)して練習

まだまだたくさんポイントはありますが、、

「アルハンブラの思い出」は右手のトレモロだけではなく、左手の移動の練習にとても効果ありです。

是非、練習してレパートリーに取り入れてましょう!
こんにちは。
今回は「知る人ぞ知るハーモニックメジャースケール?」というタイトルで書いていきます。

どんなスケールか?

メジャースケール(イオニアンスケール)の6番目の音が半音下がってるいるスケールです。

Cハーモニックメジャースケール

ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ♭、シ

このようなスケールとなります。音階の途中からアラブ風に変わる感じです。(笑)とりあえず癖のある音階です。
ちなみに、ある理論書によれば「メジャーとマイナーの要素があるスケール」とのことです。

ではこの音階をダイアトニックコード化していきます。

ド、ミ、ソ、シ→CM7(ⅠM7)

レ、ファ、ラ♭、ド→Dm7♭5(Ⅱm7♭5)

ミ、ソ、シ、レ→Em7(Ⅲm7)

ファ、ラ♭、ド、ミ→FmM7(ⅣmM7)

ソ、シ、レ、ファ→G7(Ⅴ7)

ラ♭、ド、ミ、ソ→A♭+M7(Ⅵ♭+M)

シ、レ、ファ、ラ♭→Bdim7(Ⅶdim7)


対応スケールを調べていきます。
(強引にスケール名をつけていきます。笑)

CM7(ⅠM7)→Cハーモニックメジャースケール

Dm7♭5(Ⅱm7♭5)→Dロクリアン#2♮6スケール(Dドリアン♭5)


Em7(Ⅲm7)→Eフリジアン♭4スケール

FmM7(ⅣmM7)→Fメロディックマイナー♭5スケール

G7(Ⅴ7)→Gミクソリディアン♭2スケール

A♭+M7(Ⅵ♭+M)→A♭リディアンオーギュメント#2スケール(笑)

Bdim7(Ⅶdim7)→Bロクリアン♭♭7スケール

全く聞いた事の無いスケールだらけです。(笑)(私が勝手につけたスケール名ですが、、笑)
いろいろと突っみどころがあるスケールが目白押しです。例えば、Eフリジアン♭4スケール、、♭4とはメジャー3度の音です。m7コードに対応という事でフリジアンスケールを設定しましたがメジャー3度が入っているとは、、、!(笑)

ちなみに、私は以前このスケールを少しばかり研究し練習した事があるのですが、スケールの中に短3度(フレット3つ分)開いているところがあり、その部分がどうしても気になり、結局練習しなくなりました、、笑


また次回





こんにちは。
今回は「ハーモニックマイナースケールのダイアトニックコードとスケール」というタイトルのマニアックな話です。「こんなの覚えて実際の演奏で使えるの、、?」的な解説ですが、意外な発見があるかもしれません、、(笑)


Cマイナーハーモニックスケール

ド、レ、ミ♭、ファ、ソ、ラ♭、シ
(♭6thのラ♭はアボイドノート)

ではこのスケールをダイアトニックコード化していきます。

ド、ミ♭、ソ、シ→CmM7 (ⅠmM7)

レ、ファ、ラ♭、ド→Dm7♭5(Ⅱm7♭5)

ミ♭、ソ、シ、レ→E♭augM7(Ⅲ♭+M7)

ファ、ラ♭、ド、ミ♭→Fm7(Ⅳm7)

ソ、シ、レ、ファ→G7(Ⅴ7)

ラ♭、ド、ミ♭、ソ→A♭M7(Ⅵ♭M7)

シ、レ、ファ、ラ♭→Bdim7(Ⅶdim7)

では、これらのコードから対応スケールを導いていきます。(独断で強引にスケール名をつけていきます、、笑)


CmM7 (ⅠmM7)→Cハーモニックマイナースケール

Dm7♭5(Ⅱm7♭5)→Dロクリアン♮6スケール

E♭augM7(Ⅲ♭+M7)→E♭イオニアンオーギュメントスケール

Fm7(Ⅳm7)→Fドリアン#4スケール

G7(Ⅴ7)→Gハーモニックマイナーパーフェクト5ビロウスケール

A♭M7(Ⅵ♭M7) →A♭リディアン#2スケール

Bdim7(Ⅶdim7)→Bオルタード♭♭7スケール


こんな感じになりました、、、笑

いろいろと「???」的なスケールが出てきました。

「ハーモニックマイナースケール」というと完全5度下の「ハーモニックマイナーパーフェクト5ビロウスケール」が理論的に知られていますが他のスケールはほとんど知られていません。

ただ興味深いスケールは多々あります。(笑)
例えば、「ロクリアン♮6スケール」や「イオニアンオーギュメントスケール」「ドリアン#4スケール」などは、なんとか使えるかもしれません。(笑)
(ネームング的にインパクトがあります。例えば、知り合いのミュージシャンに「そこのコードはドリアン#4スケールを使ったけど、なにか、、?」など、、笑)

そして強力なものが「リディアン♯2スケール」!!

一応対応コードがメジャー7系なので「イオニアン」系か「リディアン」系にはなると思いましたが「#2」の音が入っているとは、、?!
「#2」というのは「短3度」(増2度)なので、ようはマイナーの3度が入っている状態です。またメジャーの3度(長3度)も入っているので、まるで「ブルーノートスケール」のような雰囲気です。
そして「オルタード♭♭7スケール」(オルタードダブルフラットセブンスケール)笑、!

ようするにオルタードスケールで「♭13th」と「13th」が入っているということです。

スケールの世界は奥深いです。笑

また次回^_^