FC2ブログ
こんにちは。

今回は「スケールとコードの考え方」というタイトルで書いていきます。

例えばこのようなコード進行があったとします。

keyC

CM7|Am7|Dm7|G7

これら全てのコードはkeyCのダイアトニックコードとなります。

CM7→ⅠM7
Am7→Ⅵ-7
Dm7→Ⅱ-7
G7→Ⅴ7


ではこのコード進行でアドリブを行うとします。

考え方的には

1、全てkeyCのダイアトニックコードだからCのメジャースケール(Cイオニアンスケール)もしくはCのメジャーペンタトニックスケール(Aマイナーペンタトニックスケールと同じ)たまにCブルーノートペンタトニックスケールを使う。(CブルーノートペンタトニックスケールはCマイナーペンタトニックスケールと同じと考えていいです。厳密には違うのですが)



2、各コードにアベイラブルノートスケールを設定。

CM7→Cイオニアンスケール
Am7→Aエオリアンスケール
Dm7→Dドリアンスケール
G7→Gミクソリディアンスケール

(CイオニアンスケールはCメジャースケールと同じ。AエオリアンはAナチュラルマイナースケールと同じ)

この2つがあります。実際は2つとも「ど、れ、み、、」のCメジャースケールを弾いている事になるわけです。

ただ考え方は大きく違います!
1のやり方では各コードについての意識が無くアドリブを続けていく事になるわけです。ですからフレーズの中でコードのサウンドは聞こえづらい状況になります。最悪コード進行の終わりがわからない!と言った事も起こります。
ただ各コードにとらわれず自由にフレーズを展開することが出来ます。また単一スケールを使う為、アドリブ自体が楽です。


では2のやり方はどうでしょうか。この場合各コードに対応するアベイラブルノートスケールを事前に練習し使えるようになっておく事が必要です。最初の準備がとても大変ですが慣れるととても便利です。
各スケールはそのコードに対応しているので、常にコードを意識しながらアドリブをすることができます。
「CM7の時はCM7のコード付近で適当にCイオニアンスケールを弾く、Am7に変わったらAm7のコード付近でAエオリアンスケールを弾く」簡単に言うとこのような感じです。

jazz系のアドリブは基本的に2の考え方で行っていきます。何故なら「ノンダイアトニックコード」や「転調」の場合、1のやり方では混乱してしまいます。
ただ実際の演奏では1と2をミックスすることも多いです。例えば速いテンポの曲などでは1のやり方の方が楽です。

以上のやり方に「コードトーン」や「フレーズをはめる」などの方法をミックスしていきます。

また次回^_^

「葛西ウクレレ・ラボ」でもブログを書いています。検索してみて下さい!
 
スカイプ等の遠隔レッスンもやっています!(音楽理論などもやっています)
こんにちは。

今回は「練習と孤独」について考えていきます。

「練習は孤独である!」
これは楽器の習得に限らず、絵画の世界やダンスなど、所謂「芸」の世界では共通の認識だと思います。

もちろんアンサンブル等などの「他の人との交わりの中での練習」というのもありますが、基本的に練習は「個人的」なものです。
そして、ここで問題になるのが「孤独に耐えられるか?」という事なのです。この「孤独」とは「1人でコツコツと練習する」という意味と「自分の精神が他の娯楽等に惑わされず練習に対し一途になれるか?」という2つの意味です。(修行僧のようですね、笑)

そしてこれは独学の場合、深刻な問題となります。
技術的な練習を日々繰り返し、達成感の無い状態にはまり、練習自体に価値や魅力を感じなくなる、、などは、よくある事です。
(これは体験談です、笑)


実は私も「孤独に耐えられない」人でした。笑

音楽学校時代、「授業や実技が終ったらすぐ家に帰って練習!」というポリシーを常に持っていたのですが、ことごとく破棄していました。授業が終わったら友達のアパートで雑談、また、お金がある時は居酒屋、、などの繰り返しでした。そして個人的な練習はあまりしていないのに友達との音楽談義により、あたかも「練習した!」という錯覚に満足していました。

しかし実践での、あまりにもの弾けて無さに落胆し、やっと真面目に練習しました。(ある種の「気づき」もしくは「底つき」でしょうか?笑)

そしてその時に思った事が「孤独に耐えられるか?」という事でした。
「自分のやっている練習が果たして効果あるのか?」「こんな練習しても意味ないな!」などと思うと練習を放り出したくなる誘惑に駆られます。

そしてその解決策となったのが「師匠の練習に対する姿勢やアドバイス」でした。(とても感謝しています)



現在は個人の貴重な空き時間を如何に奪おうか!と待ち構えている物がやたらとあります。笑、
TV、YouTube、ゲーム、SNS、ネット配信系映画、、

ですから如何にこれらの誘惑に惑わされずに「孤独な練習」という作業に没頭出来るかがポイントととなります。

特にYouTubeなどは時間を無尽蔵に食い尽くす魔物的(笑)な一面もあります。けれども、
「YouTubeでの演奏解説動画は練習になる!」との反論もきっと有るでしょう。
ただ実際楽器を持ち、それらの解説動画に対峙する人は限られていると思います。大抵「ただ見るだけ、、」というスタンスに嵌ってしまいます。
(もちろん、動画解説はしっかりと向き合い練習すればとても良い教材です)

ですから「今自分がやるべき練習」を把握し、ひたすら「孤独に耐える」のです。(もしかしてマゾでしょうか?笑)


「葛西ウクレレ・ラボ」でもブログを書いています。検索してみて下さい!


ミュージックトレイン笹原ギター教室
こんにちは。

今回は「クラシックギターのスラー」というタイトルで書いていきます。

クラシックギターのスラーというのはエレキギターやフォークギターで言うハンマリング、プリングの事です。
クラシックギターの場合、ハンマリングもプリングも「スラー」(括弧で表す)という1つの表記で表しますので、それがどちらを表しているのかは音符を見て判断します。

一般的にクラシックギターのスラーはエレキギター等でのそれとはかなり違います。
エレキギターでは弦自体が細く指の筋力はそれ程使いません。プリングなどは指を離すだけで音が出ます。(音色にもよりますが)
クラシックギターの場合は違います。
エレキギターの感覚でスラーを行っても音がしっかり出ません。
ですからまず、しっかりとしたフォームが第一です。そもそもフォームがいい加減だとスラーを行う事自体困難です。

また普段エレキギターを弾いている生徒さんがクラシックギターのスラーをやると「難しい!」「音が出ない!」「雑音が混ざる!」などの声が聞かれます。これらの意見はクラシックギターのスラーがいかに難しいか如実に物語っています。

ではクラシックギターのスラーのポイントを書いていきます。

1、スラーは指先!

スラーを行う時、弦に対して指の腹の部分があたっている場合があります。これではしっかりした音が出ません。弦にあたる場所は指先です。その為には指の形が横から見た時、コの字の形になっていなければなりません。

2、手を動かさない。

スラーは基本的には指で行います。手自体が動いてしまうと安定性が無くなります。

3、スラーをする指より支えている指を意識。

スラーをする時、支えて指が動いてしまい上手くいかない、というのはよくあります。例えば1弦の5フレットから3フレットにかけてのスラーを実行します。(この場合プリング)
左手の人差し指を1の指とし、薬指を3の指とします。1と3の指をそれぞれ3フレットと5フレットに置き3の指を弦に引っ掛けて音を出します。この時支えている1の指は動いてはいけません。重心は1の指です。

4、3.4の指、2.4の指のスラーは要練習!

4の指が絡むスラーはなかなかきれいな音が出ません。4の指は普段の生活ではほとんど使わないので筋力的な問題があります。他の指より多めの練習が必要です。

5、ネックを握るフォームはNG!

クラシックギターではネックを握るフォームはまずありません。親指は指板の裏です。


「葛西ウクレレ・ラボ」でもブログを書いています。検索してみて下さい!

ミュージックトレイン笹原ギター教室

こんにちは。

もう、すっかり正月気分はなくなりました、、、笑

今回のテーマは「ネックの反り」です。

ある日、ギターを弾いていると「なんだか、弦高が以前より高くなった気がする、、、」

そんな時は大抵「ネックの反り」が発生した可能性大です。

この「反り」は急に発生する場合があります。ですから「昨日は大丈夫だったのに、今日は弦高が高い、、」この様な事もあります。(経験済、笑)

弦高が高くなる場合は一般的に「順反り」といい、弦の張力やネックの乾燥などの理由でネックが弓状になる状態です。この場合、ハイフレットの方の弦高が高くなり弾き辛くなります。
また「逆反り」というのもあり、これはネックが逆の弓状になります。この場合、弦とフレットが接触しビビリ音が発生します。

僅かな反りの場合は「トラスロッド」を回す事により直す事が出来ます。この場合、「順反り」は時計周りに回す、「逆反り」はその逆、と言われています。
ちなみに「トラスロッド」というのはネックの中に通っている鉄の芯の様な物です。

ただ「トラスロッド」を回すだけでは上手くいかない事も多いです、、
何故ならネックの反りというのは「ねじれ」を伴っている場合があるからです。要するに「1弦側はあまり反りがなく、6弦側は大幅に反りがある、、」この様な事例です。


私は以前「トラスロッド」の調整をしょっちゅうしていました、、笑
(しかも自分で)
でも「ねじれ」が多少あり、現在でも完璧ではありません。自分の中では「許容範囲!」としています。笑


ちなみに弦高が高くなる原因は他にもあります。よくあるのが「表面板が弦の張力により浮き上がる!」です。これは厄介です。基本的にはアコギ系での症状になります。(教室のクラシックギターもこの症状です、、)


きちんと直すにはリペアショプに行くべきでしょう。


そういえば、随分昔の話になりますが、あるリペアショプにギターを持ち込んだ事がありました。(電気系の故障だったような、、?)
その頃「弾き易すさを優先!弦高は思いっきり低く!」というポリシーがあり、持ち込んだギターも弦高がかなり低い状態でした。
リペアの人が「こんな弦高が低いギターはダメですね。私らから言わせるとダメギターですね!」と言われた事があります、、、悲
さすがに自分のギターをダメギターと言われたのはこの時だけです。笑


ネックの反りの話に戻ります。

ネックは木材なので「絶対に反らない!」という事はないのかも知れません。反るネックはトラスロッド等で調整してもまたすぐ反ります。個体差の問題でしょう。


よく生徒さんから「ネックが反らないギターってありますか?」などの質問を受けることがありますが、そんな時はこう言います。

「ネックが反るかどうかは神のみぞ知る!」笑


「葛西ウクレレ・ラボ」でもブログを書いています。検索してみて下さい!

スカイプ等の遠隔レッスンもやっています!(音楽理論などもやっています)

「ミュージックトレイン笹原ギター教室」






こんにちは。

明けましておめでとう御座います。
本年もよろしくお願い致します。

今日はもう3日です、笑
あっという間にお正月は終わってしまいますね。

今回は年末のレッスン時の生徒さんからの質問の解答です。


質問、、


keyCで、

CM7|Am7|Dm7|G7|

この様なコード進行で、

「理論書ではCM7ではCイオニアンスケール、Am7ではAエオリアンスケール、Dm7ではDドリアンスケール、G7ではGミクソリディアンスケール、と書いてあるのですが、出発音が違うだけで、結局はCのドレミ、ようはCのイオニアンスケールですよね。では何故、Am7、Dm7、G7もCイオニアンスケールと表記しないのですか?」


確かにそうです!


CM7|Am7|Dm7|G7|

このコード進行の場合、全てのコードはCのダイアトニックコードになります。

CM7→ⅠM7
Am7→Ⅵ-7
Dm7→Ⅱ-7
G7→Ⅴ7

CM7→Cイオニアンスケール
ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、

Am7→Aエオリアンスケール
ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ、ソ

Dm7→Dドリアンスケール
レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド

G7→Gミクソリディアンスケール
ソ、ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ、

スケールなどもこの様になり、結局、ドレミの音階です。
では、「Am7はCイオニアンスケール、」と考えても問題は無いのですが、この考えだけでは後から混乱しやすいです。
何故なら、コードとスケールの関係は
「そのコードにおいて、そのコード(ルート音)のスケールは何か?」という考え方になるからです。例えば、「G7の時の使用スケールはCイオニアン!」とすると、「なぜG7のコードでCのなんとかスケールが出てくるのか?」という事になります。簡単なkeyやコードの場合は問題ないですがノンダイアトニックコードや転調の場合「そのコードに対してのスケール」という考え方が必要になってきます。

例えば
key G♭
「A♭m7での使用スケールはFロクリアンスケール!」と書いてもよくわかりません!笑 音的には合っているが、、、
(この場合はA♭ドリアンスケール)




もちろんDm7のスケールでCイオニアンスケールが浮かぶ事はとてもいいのですが、まずはそのコードのルートに対してのスケールが浮かぶのがベストです。

やっぱりスケール練習は大事ですね!(笑)

また次回^_^

「葛西ウクレレ・ラボ」でもブログをやっています。検索してみて下さい!