FC2ブログ
こんにちは。

今回は「ノンダイアトニックコードあれこれ 6」になります。

前回に「セカンダリードミナントをツーファイブ化した時発生するノンダイアトニックコード」と「セカンダリードミナントを裏コード化し、かつツーファイブ化した時に発生するノンダイアトニック」この2点を解説しました。
今回はこれらをまとめてみます。 




セカンダリードミナント系

メジャーkey

「Ⅲm7♭5」「Ⅵ7」
「Ⅳm7♭5」「Ⅶ7」
「Ⅴm7」「Ⅰ7」
「Ⅵm7」「Ⅱ7」
「Ⅶm7♭5」「Ⅲ7」

マイナーkey

「Ⅲm7♭5」「Ⅵ7」
「Ⅴm7♭5」「Ⅰ7」
「Ⅶ♭7」「Ⅲ♭7」
これらがセカンダリードミナントおよびそれをツーファイブ化した(Ⅱm7.Ⅱm7♭5)ノンダイアトニックコードになります。ちなみに「Ⅵ m7」はダイアトニックコードですがセカンダリードミナントのⅡm7として使われた場合はノンダイアトニックコードとなります。使用スケールも本来のⅥm7としての「エオリアンスケール」ではなく、Ⅱm7としての「ドリアンスケール」となります。ですからセカンダリードミナントのツーファイブ化で発生する「Ⅴm7」や「Ⅲm7♭5」は表記こそその様に表せていますが機能は「Ⅱm7」.「Ⅱm7♭5」となります。



裏コード系

メジャーkey

「Ⅵ♭m7」「Ⅱ7」
「Ⅶ♭m7」「Ⅲ♭7」
「Ⅰm7」「Ⅳ7」
「Ⅱ♭m7」「Ⅴ♭7」
「Ⅲ♭m7」「Ⅵ♭7」
「Ⅳm7」「Ⅶ♭7」

マイナーkey

「Ⅶ♭7」「Ⅲ♭7」
「Ⅱ♭m7」「Ⅴ♭7」
「Ⅲm7」「Ⅵ7」

これがセカンダリードミナントの裏コードと、それをツーファイブ化したⅡm7です。マイナーkeyの場合ではツーファイブ化は稀です。ちなみにここでのm7も「Ⅱm7」として解釈します。ですから設定スケールは「ドリアンスケール」になります。また裏コードのドミナント7thコードは基本的に「リディアン♭7スケール」になります。

セカンダリードミナントはその前にさらに7thコードを置きドミナントモーションが可能となります。例えば「オレオ」のサビなどです。
(key B♭ D7- G7-C7-F7)
このようなコードチェンジは意外と多いものです。さらにこれらの7thコードがツーファイブ化されたり裏コード化されたり、その裏コードをツーファイブ化したりする事が出来ます。笑
それらを全部をノンダイアトニックコードとして表記するのは大変なので、セカンダリードミナント、裏コード系はここまでとしておきます。

まだまだ続きます。

遠隔レッスン開始しました。
詳しくはメールでご連絡下さい。

123@123-guitar.com

「葛西ウクレレ・ラボ」でもブログを書いています。検索してみて下さい!
こんにちは。

「ノンダイアトニックコードのあれこれ 5」です。

早速前回からの続きにです。

前回は「セカンダリードミナントをツーファイブ化した時に発生するノンダイアトニックコード」を解説しました。今回は「セカンダリードミナントを裏コード化してツーファイブ化した時のノンダイアトニックコード」を解説していきます。

裏コードとは7thコードを減5度上げるか下げるかしたコードです。要するC7(Ⅰ7)があった時、このコードを減5度上げ(下げ)します。するとG♭7(Ⅴ♭7)というコードが出来ます。そしてこのC7(Ⅰ7)に対してG♭7(Ⅴ♭7)のコードを裏コードと言います。この表のコードと裏のコードは入れ替え可能なのです。理由としては表のコードにあたるC7(Ⅰ7)の3th(ミ)と♭7th(シ♭)の音が裏コードのG♭7の♭7th(ミ)と3th(シ♭)が一致しているからです。要は構成音が似ている!という事になります。
ですからⅤ7-ⅠM7(G7-CM7)をⅡ♭7-ⅠM7(D♭7-CM7)に変更する事が可能となります。
ではセカンダリードミナントの裏コードを書いていきます。(keyC 「 」が裏コード)

Ⅴ7→「Ⅱ♭7」(G7→D♭7)(Ⅴ7はセカンダリードミナントでは無いですが)

Ⅵ7→「Ⅲ♭7」(A7→E♭7)(Ⅵ7はⅡm7のセカンダリードミナント)

Ⅶ7→「Ⅳ7」(B7→F7)(Ⅶ7はⅢm7のセカンダリードミナント)

Ⅰ7→「Ⅴ♭7」(C7→G♭7)(Ⅰ7はⅣM7のセカンダリードミナント)

Ⅱ7→「Ⅵ♭7」(D7→A♭7)(Ⅱ7はⅤ7のセカンダリードミナント)

Ⅲ7→「Ⅶ♭7」(E7→B♭7)(Ⅲ7はⅥm7のセカンダリードミナント)

以上「 」がメジャーkeyでの裏コードです。


マイナーkeyで(keyCm)よく使われるセカンダリードミナント3つ位なのでその裏コードを表記しておきます。

Ⅵ7→「Ⅲ♭7」(A7→E♭7)(Ⅵ7はⅡm7♭5のセカンダリードミナント)

Ⅰ7→「Ⅴ♭7」(C7→G♭7)(Ⅰ7はⅣm7のセカンダリードミナント)

Ⅲ♭7→「Ⅵ7」(Ⅲ♭7→Ⅵ7)(Ⅲ♭7はⅥ♭M7のセカンダリードミナント)

以上です。

さらにこれらの裏コードをツーファイブ化する事も出来ます。例えばⅡ♭7-Ⅰ M7(D♭7-CM7)をⅥ♭m7-Ⅱ♭7-ⅠM7(A♭m7-D♭7-CM7)のような事が出来ます。

では裏コードをツーファイブ化する時に発生するm7を書いていきます。(「 」がそれ!ちなみに裏コードでのm7はm7♭5にする事はあまり無いです)

「Ⅵ♭m7」-Ⅱ♭7-ⅠM7

「Ⅶ♭m7」-Ⅲ♭7-Ⅱm7(Ⅱm7♭5)

「Ⅰm7」-Ⅳ7-Ⅲm7

「Ⅱ♭m7」-Ⅴ♭7-ⅣM7(Ⅳm7)

「Ⅲ♭m7」-Ⅵ♭7-Ⅴ7

「Ⅳm7」-Ⅶ♭7-Ⅵm7

「Ⅲm7」-Ⅵ7-ⅥM7

このようになります。

ですから、クイズとして考えた場合「keyCでCm7が発生する可能性はある!(転調なしで)」という事です。(笑)
理由としては「keyCでダイアトニックコードのⅢm7のEm7があったとして、そのセカンダリードミナントⅦ7(B7)の裏コードⅣ7(F7)が発生したとしてそれをツーファイブ化したⅡm7にあたるコードがCm7(Ⅰm7)、、、」笑

Cm7-F7-Em7となります。 

セカンダリードミナントのツーファイブ化とその裏コードのツーファイブ化で発生するコードはこのように沢山あると言う事です!

まだ続きます。


遠隔レッスン開始しました。遠方の方も歓迎です。音楽理論もやっています。
詳しくはメールでご連絡下さい。

123@123-guitar.com


「葛西ウクレレ・ラボ」でもブログを書いています。検索してみて下さい!

こんにちは。

今回は「ノンダイアトニックコードあれこれ 4」になります。

早速前回からの続きです。


「Ⅲm7♭5」

このコードはⅡm7(Ⅱm7♭5)に対してのセカンダリードミナントのⅥ7をツーファイブ化した時に出てきます。
またⅢm7-Ⅵ7があった時、Ⅲm7をⅢm7♭5に変更する事があります。Ⅲm7-Ⅵ7という進行は大抵Ⅱm7などのマイナー系のコードに解決する為、Ⅲm7をⅢm7♭5にしてマイナー件への傾斜を強くするという事です。
(Em7-A7-D m7をEm7♭5-A7-Dm7とするの意)
セカンダリードミナントのツーファイブ化とは、Dm7-G7があった時Dm7のセカンダリードミナントとしてのA7をDm7の前に挿入します。(A7-Dm7-G7)
さらにこのA7をツーファイブ化します、するとEm7-A7-Dm7-G7となり、Em7が出現します。このEm7はダイアトニックコードのⅢm7でもありますが
A7をツーファイブ化して発生したコードとも考えられます。ただしA7(Ⅵ7)をツーファイブ化した時のEm7はマイナー系コードに進むと考え(この場合Dm7)Em7♭5としてマイナー系に進む事を示唆し、これによりセカンダリードミナントでのツーファイブ化では「Ⅲm7♭5」(Em7♭5)を使います。

ここで話はそれますが「セカンダリードミナントのツーファイブ化で発生するm7もしくはm7♭5のコード」をまとめてみます。
(これを解説しないと進めなくなりました、、笑)

メジャーkeyのおいて、(keyC)


Ⅱm7のセカンダリードミナントとしてのⅢm7♭5-Ⅵ7 「Ⅲm7♭」
(Dm7→Em7♭5-A7 「Em7♭5」)

Ⅲm7のセカンダリードミナントとしてのⅣ#m7♭5-Ⅶ7 「Ⅳ#m7♭5」
(Em7→F#m7♭5-B7 「F#m7♭5」)

ⅣM7のセカンダリードミナントとしてのⅤm7-Ⅰ7 「Ⅴm7」
(FM7→Gm7-C7 「Gm7」)

Ⅴ7のセカンダリードミナントとしてのⅥm7-Ⅱ7 「Ⅵm7」
(G7→Am7-D7 「Am7」)

Ⅵm7のセカンダリードミナントとしてのⅦm7♭5-Ⅲ7 「Ⅶm7♭5」
(Am7→Bm7♭5-E7 「Bm7♭5」)

ちなみにⅠM7(CM7)に対してのセカンダリードミナントは無いです。何故なら普通のⅤ7-ⅠM7(G7-CM7)もしくはⅡm7-Ⅴ7-ⅠM7(Dm7-G7-CM7)のようなノーマルなツーファイブになるからです。またⅦm7♭5に対してのセカンダリードミナントは普通使われません。
さらに解決先がマイナー系のコードの場合「m7♭5」とします。

マイナー系でのセカンダリードミナントと、そのツーファイブ化に関しては  

Ⅱm7♭に対するⅢm7♭5-Ⅵ7 「Ⅲm7♭5」
(Dm7♭5→Em7♭5-A7 「Em7♭5」)

Ⅳm7に対してのⅤm7♭5-Ⅰ7
「Ⅴm7♭5」
(Fm7→Gm7♭5-C7 「Gm7♭5」

Ⅵ♭M7に対してのⅦ♭m7-Ⅲ♭7
「Ⅶ♭m7」
(A♭M7→B♭m7-E♭7 「B♭m7」

このあたりがよく使われます。他にもマイナーkeyでのダイアトニックコードに対するセカンダリードミナント、さらにそのツーファイブ化でのコードは考えられますがあまり使われ無いので省略します。

実はこのセカンダリードミナントは裏コードに変換も可能な為、「セカンダリードミナントを裏コードに変更し、それをツーファイブ化した時発生するコード!」(笑)というのも考えらます。

これは次回にします、、、


遠隔レッスン開始しました。遠隔の方も歓迎です。(音楽理論もやっています)
詳しくはメールでご連絡下さい!

123@123-guitar.com

「葛西ウクレレ・ラボ」でもブログを書いています。(動画あり)検索してみて下さい!
こんにちは、

今回は「ノンダイアトニックコードあれこれ 3」となります。(前回の続きです)


「Ⅲ♭7」
このコードはセカンダリードミナントのⅥ7の裏コードです。
Ⅲm7-Ⅵ7-Ⅱm7-Ⅴ7の進行の時Ⅵ7とⅤ7を裏コードにして半音進行にする事はよくあります。
(Em7-A7-Dm7-G7をEm7-E♭m7-Dm7-D♭7とするの意)
ちなみにJAZZギターの巨人ウエス・モンゴメリーはⅢ♭7の所をⅢ♭m7とし、Ⅲm7-Ⅲ♭m7-Ⅱm7のような変化も使っています。


「Ⅲ♭dim7」
このコードはパッシングディミニッシュのコードです。Ⅱm7-Ⅲm7と進む時にこのコードを挟みⅡm7-Ⅲ♭dim-Ⅲm7とします。(Dm7-D#dim7-Em7)
このⅢ♭dim7というのはⅦ7♭9と同じです。ですから上記のコード進行は、Ⅱm7-Ⅶ7♭9-Ⅲm7と同じになります。
ちなみにⅦ7はⅢm7のセカンダリードミナントです。(Dm7-B7♭9-Em7となるの意).
またこのⅢ♭dim7のパッシングディミニッシュは下降の形でも使います。よくある進行としてはCM7-E♭dim7-Dm7-G7もしくはEm7-E♭dim7-Dm7-G7などです。
この場合のⅢ♭dim7は半音下のⅡ7♭9同じと解釈し、次のⅡm7ではなくその次のⅤ7に解決すると解釈します。
(Em7-E♭dim7-Dm7-G7はEm7-D7♭9-Dm7-G7と解釈し、D7♭9は次のDm7を通り越してG7にドミナントモーションしていると考えます)


「Ⅲ♭M7」
このコードはマイナーkeyではダイアトニックコードです。稀にメジャーkeyで使われる事があります。解釈としてはマイナーkeyからの借用和音となります。しかし通常、借用和音は「サブドミナントマイナー」のコードを使います。(♭6の音が入っているⅡm7♭5.Ⅳm7.Ⅵ♭M7.Ⅶ7など)
しかしこのコードの機能は「トニック」なので例外的な使用となります。例としてはⅠM7-Ⅲ♭M7-Ⅵ♭M7-Ⅱ♭M7などです。(CM7-E♭M7-A♭M7-D♭M7)
Tadd Dameronの「Lade Bird」の最後の部分で使われてます。
またイントロなどでも使われます。


「Ⅲ7」
このコードはⅥm7に進むセカンダリードミナントです。やたらと使われます(笑)「All Of Me」「Only You」J-popでは、いきものがかりの「ありがとう」または「バス・ストップ」(平浩二)笑
ちなみにこのⅢ7は稀にⅣ(ⅣM7)に進む事があります。(「Someday My prinec Will Come」など)
解釈としてはⅢ7-ⅣM7のⅣM7をトニックコードと考えⅠM7と認識します。すると、本来Ⅲ7が進むべきⅥ m7が新しいⅠM7に対してのⅢm7となり同じ「トニックコード」同士となるからです。
ようはE7-FM7をE7-Am7と考えます。理由としてはFM7をkeyFのⅠM7と考えます。(瞬間的な転調)そうするとAm7はkeyFに対してのⅢm7となり同じトニックコードとして入れ替え可能になるからです。

まだまだ続きます、!

テレビ電話による遠隔レッスン開始しました。(スカイプ等)
遠隔の方も歓迎です。音楽理論もやっています!
詳しくメールにてご連絡下さい
123@123-guitar.com
「ミュージック・トレイン笹原ギター教室」

「葛西ウクレレ・ラボ」でもブログを書いています(動画あり)
検索してみて下さい。

また次回、、、
こんにちは、
今回は前回の続きとなります。
「ダイアトニックコードあれこれ 2」

「Ⅱ♭7」
このコードはⅤ7の裏コードです。ツーファイブ化してⅥ♭m7-Ⅱ♭7(keyCではA♭m7-D♭7)として使われる事もあります。スケールとしては9th系の「リディアン♭7スケール」が使われる事が多いです。


「Ⅱ♭M7」
このコードはⅡm7♭5のルート音(根音)が半音下がったものです。クラシックでは「ナポリの2度」などと呼ばれています。ほとんどの場合Ⅰのコードに進みます。このコードの前にⅥ♭M7が来る事もあります。(A♭M7-D♭M7-CM7)
設定スケールは「リディアンスケール」

「Ⅱ♭dim」
このコードは「パッシングディミニッシュ」の一種です。ⅠM7からⅡm7に進む時、このコードを挟んで滑らかな進行にします。(CM7-D♭dim-Dm7)
ちなみにこのコードはⅥ7♭9と同じになります。(CM7-D♭dim-Dm7→ CM7-A7♭9-Dm7)マイナーkeyではⅡにあたるコードがⅡm7♭5になり解決感が得られないので(トライトーンを含む為)使いません。


「Ⅱ7」
このコードはよく使われます。基本的にはⅤ7に進むセカンダリードミナントになります。しかし通常Ⅴ7をツーファイブとし、Ⅱ7-Ⅱm7-Ⅴ7として使う事が多いです。(D7-Dm7-G7)さらにⅡ7で使うスケールとして「リディアン♭7スケール」がありますが、そのスケールのテンションでありる「#11」を付加する事もよくあります。またメロディーでこの音が使われている曲として「Take A Train」があります。
さらにこのⅡ7の前にⅥm7を入れ見かけ上ツーファイブのようにする事も多いです。(Am7-D7-Dm7-G7)
ちなみにこの場合のⅥ m7はエオリアンスケールが基本ですが、セカンダリードミナントのⅡ7をツーファイブ化したと解釈し(Ⅵ m7をⅡm7と解釈するの意)ドリアンスケールを使う事もあります。
注意する点としてマイナーkeyで使われた時は9thのテンションは使えません。
マイナーkeyでのⅡ7は「オルタードスケール」を使います。


「Ⅱm7♭5」
このコードはマイナーkeyではダイアトニックコードになります。
メジャーkeyで使われた場合、ノンダイアトニックコードになります。メジャーkeyでのツーファイブのⅡm7をⅡm7♭5に変更して使われます。同主調からの借用和音となります。(モーダルインターチェンジ)
曲では「ナイト・アンド・デイ」があります。
設定スケールとしては「ロクリアン#2スケール」もしくは「ロクリアンスケール」です。「ロクリアン#2スケール」というのはロクリアスケールの2番目の音を半音上げ9thとして使えるようにしたスケールです。Ⅱm7♭5-Ⅴ7-ⅠM7のようにメジャー系に解決する時に合うスケールです。

まだまだ続きます、、、


テレビ電話による遠隔レッスン開始しました。遠方の方歓迎です。(音楽理論もやっています)
詳しくはメールにてご連絡下さい

123@123-guitar.com


「葛西ウクレレ・ラボ」でもブログを書いています。(動画あり)
検索してみて下さい。
こんにちは。
今回は「ノンダイアトニックコードあれこれ、1」というタイトルで解説していきます。

「ノンダイアトニックコード」というのは様々な種類がありますが今回は比較的jazzなどの楽曲でよく出でくるコードを紹介します。


「Ⅰ7」
keyCであればC7となります。普通はⅣに進むセカンダリードミナントとして使われる事が多いです。(C7→FM7)
しかし、このコードをトニックコードとして使う事もあります。例としてはブルースでのⅠとしてです。通常はⅠもしくはⅠM7ですが「ブルーノート(この場合♭7の音)を加味した」という解釈です。


「Ⅰ6」
このコードもよく見かけますが基本的には「ノンダイアトニックコード」です。「ⅠM7とⅠ6は入れ替え可能」とされています。CM7をC6として演奏される事はよくあります。
ちなみにあえてⅠ6を使う理由としてはメロディーの中に6度の音が入っている事が多いです。またM7に内在されている長7度の音程より6コードの長6度の柔らかい響きを好む場合も多いです。


「Ⅰ+M7」
このコードはハーモニックマイナー、メロディクマイナーのダイアトニックコードでもあります。(Ⅲ♭+M7)
ノンダイアトニックコードとして使われる場合としてはツーファイブやドミナントモーション等で解決したコードをこのコードとして使います。
(Dm7-G7-CM7をDm7-G7-C+M7)
エンディングコードとしても使うことがあります。ちなみにECMレーベルの代表的ギタリスト「ジョー・アーバンクロウビー」はよく使っています。


「Ⅰm6」
このコードもよく見かけます。基本的にはマイナーkeyのⅠmやⅠm7の代わりに使います。メロディーに6の音(長6度)の音が入っている場合が多いです。
また「クリシェ」でもよく使われます。(Cm-C+m-Cm6-C+mやCm-C+m-Cm6-Cm7など)
ちなみにマイナースケールの中で6の音が入っている(6の音を使える)スケールはメロディクマイナースケールしかありません。
ですからこのコードが出てきた場合、1番親和性のあるスケールはメロディクマイナースケールとなります。(ドリアンスケールにも6度の音はありますがアボイドノートです)


「C+m」
このコードは単独で使われ事はほとんどありません。上記の例のように「クリシェ」の中でのコードとして使われます。(ちなみに上記の例はイントロとしてもよく使われます)


「Cdim7」
このコードは「トニックディミニッシュ」と言われています。
本来ならⅠM7がくるべきところをこのコードに変更します。しかし次にはⅠのコードに戻ります。
(B♭7-E♭M7をB♭7-E♭dim7-E♭M7や、
Dm7-G7-CM7をDm7-G7-Cdim7-CM7など)
ちなみにメロディーが長7度の時にいい響きがします。(keyCでメロディーがシの音の時に本来ならCM7の所をCdim7-CM7とするの意)ちなみにこの長7度の音はdim7コードの構成音では無くテンションです。
スタンダードでは「ミスティー」(最初の所)や「ノーモア・ブルース」などで使われています。

まだまだ続きます、、笑


スカイプレッスン開始しました。
遠方の方歓迎です。音楽理論のレッスンもやっています。
ご連絡は
123@123-guitar.com


「葛西ウクレレ・ラボ」でもブログを書いています。
こんにちは。

今回は「ダイアトニックコードの覚え方」というタイトルで解説していきます。

まずメジャーkeyのダイアトニックコードです。

ⅠM7 、Ⅱm7 、Ⅲm7 、ⅣM7 、Ⅴ7 、Ⅵm7 、Ⅶm7♭5

keyCの場合

CM7、Dm7、Em7、FM7、G7、Am7
Bm7♭5


次はマイナーkeyです。

ナチュラルマイナー

Ⅰm7、Ⅱm7♭5、Ⅲ♭M7、Ⅳm7、Ⅴm7、
Ⅵ♭M7、Ⅶ♭7

keyCmの場合

Cm7、Dm7♭5、E♭M7、Fm7、Gm7、
A♭M7、B♭7


ハーモニックマイナー

ⅠmM7、Ⅱm7♭5、Ⅲ♭+M7、Ⅳm7、Ⅴ7、Ⅵ♭M7、Ⅶdim7

keyCmの場合

CmM7、Dm7♭5、E♭+M7、Fm7、G7、A♭M7、Bdim7


メロディクマイナー

ⅠmM7、Ⅱm7、Ⅲ♭+M7、Ⅳ7、Ⅴ7、Ⅵm7♭5、Ⅶm7♭5

keyCmの場合

CmM7、Dm7、E♭+M7、F7、G7、Am7♭5、Bm7♭5


このようになります。
これらを覚えていく訳ですが、いろいろな方法がある中で今回は「コードタイプ別に覚える!」というのをやってみます。

コードタイプを観察してみると

M7、M+7、 m7、m7♭5、7、dim7

と6タイプに分かれます。これらのコードタイプが各ダイアトニックのどの場所にあるのかを覚えでいくのです。

例えば「M7」の場合

メジャーダイアトニックのⅠM7とⅣM7
にある。
ナチュラルマイナーではⅢ♭M7、Ⅵ♭M7
ハーモニックマイナーではⅥ♭M7
メロディクマイナーでは無し

ですから単に「CM7」とあってもkeyCに対してのⅠM7、keyGに対してのⅣM7、
keyAmに対してのⅢ♭M7、keyEmに対してのⅥ♭M7、と分かれる訳です。


「mM7」の場合
ハーモニックマイナーのⅠmM7
メロディクマイナーのⅠmM7


「m7」の場合は
メジャーダイアトニックでのⅡm7、Ⅲm7、Ⅵm7、
ナチュラルマイナーではⅠm7、Ⅳm7、Ⅴm7
ハーモニックマイナーではⅣm7、
メロディクマイナーではⅡm7


「m7♭5」の場合
メジャーダイアトニックでのⅦm7♭5
ナチュラルマイナーではⅡm7♭5
ハーモニックマイナーではⅡm7♭5
メロディクマイナーではⅥm7♭5、Ⅶm7♭5


「7」の場合
メジャーダイアトニックでのⅤ7
ナチュラルマイナーではⅦ♭7
ハーモニックマイナーではⅤ7
メロディクマイナーではⅣ7、Ⅴ7

「dim7」の場合
ハーモニックマイナーでのⅦdim7のみ

このようになります。

このような覚え方もダイアトニックコードを忘れないテクニックです。


現在スカイプレッスン開始しています!遠方の方も歓迎です。
123@123-guitar.com

「葛西ウクレレ・ラボ」でもブログを書いています。検索してみて下さい!

今回は広告です!

スカイプレッスンが好評です。

音楽理論のスカイプレッスンもやっています!
作曲やコード理論を学びたい方歓迎です。
音楽理論は独学だと挫折率が高いです。実技とは別に勉強する必要があります!
こんにちは。

非常事態宣言が出てしまい、大変な事態になって来ました。私の教室もレッスンをスカイプ等の遠隔レッスンに切り替えて1ヵ月お休みになります。今のところ「スカイプ」と「FaceTime」を使いレッスンを行えています。ただ音の遅延が若干あり生徒さんとのアンサンブルは難しい感じがします。ただ生徒さんの指の形などを意識してしっかりと見れるのでアドバイス等は的確にできます。

コロナウイルスが終息するのを祈っております。