FC2ブログ
前回の続きです。
ロックギタリストにとって、演奏上の立ち振る舞い、またはステージングが「カッコいい」か「カッコ悪い」は演奏のテクニック以上の関心事です。どちらに比重を置くかは、そのギタリスト次第になります。
音楽(ライブを含め)というものは演奏者の芸を披露する場でもありますが、その演奏者の美的センスを披露する場でもあります。要するにその演奏者が「カッコいい」と思う立ち振る舞い、ビジュアルを見せる訳です。
私の考えではビジュアルが音楽と言うものに対して上位にくるのは、必然的なことです。(もちろん合格点の演奏力があった上ですが)
ここではっきり言いましょう。「カッコ悪いとロックではないのです」

ですから、私は発表会に参加するロックギターの生徒さんには「多少弾きづらくても、カッコいい方を取ろう!」このようにアドバイスしています。

また今度(^_^;)
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/102-3c5f5cb7