FC2ブログ
2018.09.18 2.4でのる!
リズム練習で大事なことは、メトロノームに合わせて、ずれないように弾くことだけではありません。2拍目、4拍目にアクセントを感じて弾くことが大事です。ビートは4拍子で本来なら強拍は1拍目と3拍目です。しかしポピュラーミュージックの場合2拍目、4拍目にドラムのスネア等が入り、そこにアクセントが入ります。ですから練習もそれに合わせてやるべきです。
練習の1例です。まずテンポ120(4分音符)の曲を練習するとします。最初は普通にメトロノームを120にセットして弾きます。(1拍ずつメトロノームが鳴っている状態です)次に半分の60にメトロノームをセットします。(メトロノームが1拍目と3拍目に鳴っている状態です)これで弾きます。テンポは変わっていません。最後に今鳴っている1拍目、3拍目を、2拍目、4拍目に鳴っているように感じるようにします。そして弾きます。すると1拍目はメトロノームが鳴っていないと感じます。結果的に鳴っていないところから弾くのです。最初はすぐ1、3のアクセントになってしまいます。
次回はそのコツです!

また次回(^_^;)
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/121-7742b673