FC2ブログ
こんにちは。
今回は「知らない曲を合わせる」と言うタイトルでお話しします。jazzのライブ等でよくあるのが、「○○と言う曲やるよ、KeyはF」と言って確認もなく演奏が始まってしまう事例です。知ってる曲であれば問題ないのですが、全く知らない曲の場合、途方に暮れます。しかしjazzの現場では普通にある事なのです。コードは覚えていなくても、その曲を知ってるのであれば、なんとか出来るかも知れません。そこらへんのコツを話しましょう。

まずKeyを探します。メロディの落ち着いたところがその曲の主和音になっていますのでそれを探します。Keyが判ればかなり楽になります。
ポイントは「伴奏よりアドリブの方がごまかしが効く」(笑)
まず、Keyが判ればそのスケールを弾きます。大きな転調がなければなんとかなります。転調ぽい場所やそのスケールが合わない場合はフレーズをクロマチック化して弾ききります。
やっかいなのが伴奏です、jazzスタンダードの場合、A-A-B-AもしくはA-B-A-Cと言う形式が多いので、それに準じているか聞き取りましよう。またツーファイブがやたらと多いのがjazzスタンダードの特徴なので、これも参考にします。またm7♭5やdimのコードなどは響的に解りやすいです。
また大事な事の一つとして「よくあるコードパターンになっていないか?」
特にメジャーKeyの場合Ⅳ-Ⅳm-Ⅲm7-Ⅵm7-Ⅱm7-Ⅴ7のパターンは非常に多いです。
マイナーKeyでは途中Ⅳmに行く事が非常に多いです。Ⅵ♭のコードもよく出てきます。(しかし決定打はありません)
最終的には聞いてコードを判断するしか無いのです。


いずれにしろ「知らない曲を合わせる」と言うのは、綱渡り的な演奏になってしまいます。(が、名人級の人は完璧に合わせます。びっくりです)

また今度^_^
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/135-747cadb1