FC2ブログ
こんにちは。
私はフェスブックで「江戸川セッションクラブ」と言うのを運営しています。(まだ立ち上げたばかりで1回しかセッションしていません 笑)
始めた動機は「生徒さんが人前で演奏する第一歩!」と考えて始めました。オープンなクラブなので生徒さん以外の方も参加しています。2ヶ月に1回位の活動を目安にしています。ちょうど今月の28日に2回目があるので、「セッション」について気づいたことを書いていきます。

まず認識しておきたい事として「ギターやウクレレはもともと伴奏楽器」と言う位置付けでした。ようするにまずは「伴奏」なのです!極端な話「伴奏だけでセッションに参加する」も可能なのです。
ですから「伴奏」は心を込めて弾かなけれいけません。(私の師匠、宮の上師匠が言っていました「バッキングは心を込めて!」)
また「伴奏をミスる」と言う事はソロを弾く人に多大な迷惑をかけてしまいます。自分だけの問題ではないのです。

セッションの場ではソロを弾く人が「王様」なのです。ですからソロの人は自由に冒険し、好きに弾いて構わないのです。(やり過ぎはNGです)
しかし「伴奏」は違います。「王様」を下からしっかりと支えなければならないのです。(上級者になると伴奏も自由になりソロとほぼ対等に会話ができますが、、)ですから「単純なミス」は極力避けたいものです。
他の注意点は次回に!

続く、、、
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/142-549614da