FC2ブログ
こんにちは。
先日、私が所属している「江戸川区演奏家連盟」の定期演奏として「カフェライブ」をやりました。編成はギターとピアノのデュオです。
今回はこの「デュオ」と言う編成について考えていきます。
ギターの場合ソロも伴奏もできます。このような楽器は意外と多くないのです。その代表はピアノです。ピアノはソロも伴奏もできます。ですからギターとはかなり似ているところがあります。両方とも「伴奏をすることが多い楽器」と言う事になります。ですから、「相手の音を聞いて合わせいく」のは得意です。(ギターとピアノだとお互い聴きすぎてしまい、遠慮がちになる事もあります。笑)
ですから知り合いのピアニストの「ギターとピアノは思考が似ている」との意見には納得します。

相性のいい楽器なのですが大問題があります。それは「音量」です。エレキギターだとアンプを使うので問題ないのですが、クラシックギターだと大変です。マイクを使い、音量を増幅するのもありですが、いかんせん音質が変わってしまいます。結果、「ピアノを弱く弾く」と言う事になります。ピアニストにとって「弱く弾きながらダイナミックをつける」のは大変な事と聞いています。おそらくこの「音量の問題」の為、「デュオの譜面が少ない」「ピアノとギターのデュオをやっている人が少ない」などの原因になっていると思います。

またギターとピアノは「音の立ち上がり方」が似ています。管楽器などは息の関係で音が後から膨らみます。ギター、ピアノは音の最初が大きく、後は減衰していきます。

いろいろ書きましたが、まとめますと、「ピアノとギターは思考が似ていて、お互いホォローしあえる形態」こんな感じでしょうか。

また次回^_^
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/144-67f46737