FC2ブログ
こんにちは。
前回の続きです。
前回はネック折れの原因などをつらつら書いてみました。今回は実際にあった「ネック折れ事件」を書いていきます。

「レッスンに来てギターケースから出したら折れていた!」

この事例は過去2件ありました。2件とも、途中で地面に落としてしまったとの理由です。ハードケースでの事例が1件あるのが、不安感を煽ります。その時の生徒さんの様子は、、、、書かない方が無難です。

「満員電車でネック折れ」

これはよく聞きます。話を聞くと「東西線」だそうです。

「家内に持ってもらい、落とす」

これは私の事です。ずいぶん前のことで、あまり覚えていないのですが、「ちょとした事でギターを持ってもらい、落とす!」このような事件だったと思います。ただ原因は肩掛けるベルトの不良だった気がします。(古くなったケースは要注意です。肩に掛けるベルトとケースとの縫合が劣化し、外れてしまう危険あり)

「ライブ終了後、友達がギタースタンドごと倒す!」

これは学生の頃の事例です。ライブが終わって友達がギタースタンドごと倒しました。私は他の友達と歓談中だったのですが、「ギター倒れてるよ!」と言う友の声を聞き、「えっ、、、」と絶句したのを昨日の事の様に覚えています。

まとめ
ギターのネックは意外と折れやすいと思っていて下さい!1番危ないのが「ちょと、立てかける」的な行為です。ギターに限らず「楽器」は自分の分身と思い大切に扱いましょう。(自分に言い聞かせています。笑)

また次回^_^
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/148-f1666df8