FC2ブログ
こんにちは。
クラシックギターの曲には「速度記号」と「発想記号」の記述があるものが多いです。「速度記号」と言うのは楽曲の速度を規定するものです。曲全体を規定するものとしてはAndante(アンダンテ)-中くらいの速さ、Allegro(アレグロ)-快速に、、などです。また曲の一部を規定するものとしては
accer.(アッチェレランド)-しだいに速く、rit.(リタルダント)-しだいに遅く、、などです。「発想記号」は曲想または、速さ(f.p)を表します。
曲想を表す「発想記号」は面白いものもたくさんあります。その中の1つ「Morendo」(モレンド)です。意味は「死に絶えていく」
(笑)や「消えていく」「弱まっていく」などです。
教室で使う教本の中に、「ノクターン」(ヘンッエ)と言う曲があり、この「Morendo」(モレンド)がでてきます。レッスンの時に私が「そこは、「死んでいく」ように弾きますよ!」などと言うと子供の生徒さんは「えー!?」「モレンド、モレンド、笑」と大喜びです。
このように、「発想記号」も具体的だと、みなさんすぐ覚えます。

「発想記号」と言うのは作曲家が「このように演奏してください」のような指示です。「ただ、なんとなく弾く」のではなく、「作曲家のイメージ」を少しでも再現出来ればいいですね。

それでは^_^


Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/152-3f88a7c8