FC2ブログ
こんにちは。
最近「楽譜の紛失」が多くなりました。(私の事です、笑)
特に、紙の状態の譜面だと、何気なく曲集の中に挟んでしまい。全然見つからない!なんて事もよくあります。生徒さんから頂いた譜面などもすぐ見つからず、慌てる事もあり申し訳ないです。ちゃんとファイルの中にしまっておけばいいのですが、譜面に書き込みなどをする必要があり、ファイルから出し、そのまま、、、というパターンが多いです。
また譜面の種類が、クラシックギター、フォークギター、ロック、ジャス、ウクレレと多岐にわたる為、整理する手間がかなりかかってしまいます。その為先延ばし、、そして整理をやらずにいると紙の状態の譜面が束状になってしまい、ますます譜面は見つからず、、、(笑)

生徒さんの中には楽譜を全て電子化しタブレットでレッスンを受ける方もいます。ページをめくる時は足元にあるエフェクター状の機械を使っていました。タブレットの上から書き込みも出来るそうです。

「楽譜の電子化」、、とても魅力的な言葉です。これが出来れば「楽譜の紛失」は無くなります。それだけではなくレッスン室のスペースの確保も容易です。分厚い楽譜が要らなくなります。

が、しかし楽譜を電子化するには「電子化する準備」が必要です。想像するだけでウンザリする様な手間がかかるはずです。
私にはその「手間」(めんどくさい、笑)に立ち向かう勇気が今のところありません。

やはり「使った譜面は元に戻す!」この小学生レベルの極めて基本的な行いこそが「楽譜の紛失」に勝利にする技でしょうか?

また次回^_^



Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/161-06b07fb9