FC2ブログ
こんにちは。
今回は「複数の楽器を学ぶのは、有り?」と言うテーマで書いていきます。私の教室の生徒さんの中には「クラシックギターとjazzギター」や「ロックギターとウクレレ」など複数の楽器を学んでいる方がいます。
この「複数の楽器を学ぶのは是が非か?」の解答は私的には「OK!です」と言う事になります。ただし2つ以上の楽器を学ぶのは、ある程度の練習時間の確保が必要です。両方とも中途半端にならないように気をつけないといけません。ポイントはまず軸になる楽器を決める事が大事です。例えば「基本的にはフォークギターがメインでウクレレをサブで勉強する」のよう感じです。
ただ、「2つの楽器を学ぶことは反対」と言う方も多数いるのは確かです。「1つの楽器がマスターできていないのに、2つなんてやめとけ!」簡単に言うと、このような意見だと思います。「まさしく正論です」(笑)

私はクラシックギター、jazzギター、フォーク、ロック、ウクレレ等いろいろやりました。(笑)
まだ勉強中だった頃、クラシックギターの親友からは「エレキギターを弾いていると指のフォームが悪くなるよ」やjazzの知り合いからは「リズムがクラシック的になるよ」など多少否定的に言われたこともありました。でも、どうしても「その楽器一筋!」と言う考えには至りませんでした。
それは「あの楽器を弾いてみたい。あのジャンルを演奏してみたい!」と言う欲求でした。

今、考えると「クラシックギターに注いだ時間をjazzギターに注いでjazzギター筋だったら今よりももっと上手くなっているかな?」(逆もあり)など気まぐれで思うことがありますが、結論から言うと「複数の楽器を弾いて良かった!」です。

今日、ベテランのクラシックギターの生徒さんが言いました。「ウクレレが楽しそうなのでやってみたい」私は「楽しいから是非やりましょう!」と言いました。

限られた時間(人生)です。好きな事ならまずは「やってみる!」です。

また今度^_^
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/167-b64ab25b