FC2ブログ
こんにちは。
今回も「Fコードの攻略」の解説です。前回は「Fコードの形を指が覚える練習が有効」まで解説しました。今回はその続きです。

「Fコードの形はなんとか作れるようになりました。指も形を記憶していると思います。でも音がはっきり出ません」このような悩みは多数聞かれます。
ではどのようにすれば解決するのか?これを考えていきます。
まず音が出ない原因を追求していきましょう。とりあえずは大きく2つの原因が考えられます。

1、「指の角度が甘く、となりの弦に触れてしまっている」

この事例は非常に多いです。
最初のポイントは中指です。中指の関節が反っていることが意外と多いです。まずはこれに注意しましょう。次に薬指、小指です。この2本の指は接しているのが正解です。離れていると薬指がフレットに寄らず、結果5弦の音がはっきり出ない原因になります。薬指は小指の上に重なる形となります。ですから、人差し指、中指、薬指と小指はセット、のような3本の指で押さえるイメージです。

また指の角度が甘くなる原因としては「ネックの角度」「左の親指の位置」このへんが考えられます。「ネックの角度」に関しては、本来なら水平よりネックのヘッドが上がっている「クラシックギターフォーム」がベストなのです。ですから水平なフォームではなくネックのヘッドを少し上げたフォームにするのもいいと思います。(この場合ストラップが必須です)

次は「左の親指の位置」についてです。本来ならネックの後ろの真ん中あたりがベストなのですが、最初は若干、下側がいいです。基本的に人差し指は真っ直ぐなのですが、親指が上側にいくと人差し指がカーブしていまう事があります。ただ個人差があるので真ん中あたりで押さえて人差し指が真っ直ぐになるのでしたら、そのままのフォームでいきましょう。

さらに続きます^_^





Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/185-b58b9b1d