FC2ブログ
2019.02.15 指の故障
こんにちは。
今回は「指の故障」について書いていきます。
自慢ではないのですが私は「指の故障」については無縁でした。しかしそれは「以前まで」という注釈付きです。7〜8年前に左小指を痛めたのをきっかけに左中指、右薬指と、故障しました。左小指の故障の原因は「無理な指の拡張」(指の開き)でした。ただ今思うとそんなに無理な拡張ではなく、「ちょとキツイかなぁ〜と思う、指の拡張の連続」でした。この「連続」が主犯です。(ちなみにクラシックギター曲です)

曲の一部分で出てくる「拡張」においては一瞬なので気を付けていれば故障まではいかないのですが、連続する場合は危険です。特に「拡張したフレーズを反復練習する場合」これが最も危険です。私の経験ですがあるフレーズを弾いて「あっ!痛い!」と思う場合はまだ安全な気がします。要するに、痛いので弾く事をとりあえず中止にするからです。この場合は2〜3日するとすっかり良くなっているものです。問題になるのは「少し痛いけど弾くには問題無いなぁ〜」と思って、弾いてしまうパターンです。この場合、次の日は前日より痛みは収まっていますが、またすぐ痛くなります。そしてこの繰り返しの末、練習開始すぐに「すごく痛い!」という状態になります。もうこうなったら、指を完全に休めるしかありません。(私の経験です!)

ギタリストの指というのは酷使され続けています。(笑)私もレッスンで生徒さんが多い時は10時間位弾いています。指が疲労するのは当然ような気がします。ただ人間の回復力というのはとても凄いと思っています。私も、1〜2日全く弾かないだけで、手の疲労が相当軽減してるのを経験済みです。

とにかく、「痛み」のような、普段と違う違和感があったら弾くのを中止して様子を見る事がベストです。

また今度^_^


Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/193-6bdffb36