FC2ブログ
こんにちは。
今回は「ソロギターのこだわり」というテーマで書いていきます。
私は「デュオ」という形態が好きでjazzではVoとギター、クラシックではピアノとギターなどで演奏しています。今後はトランペットとのデュオも予定しています。
ただこの「デュオ」という形態はとても難しく、結構な練習が必要になります。以前もブログで書きましたが、相手が単旋律の楽器の場合はソロの部分が本当のソロになってしまうからです。要するに無伴奏です。(笑)
私は、最近この「無伴奏ソロ」(jazz)の練習にはまっています。実は私なりにこの「無伴奏ソロ」にこだわりがあります。それは「単音を主体にしてコードは必要最低限しか弾かない!」(笑)
要するに管楽器的なアドリブラインを想定しています。かなり前ですがテナーサックスのソニー・ロリンズが無伴奏で演奏したのを聞き、かなり影響されました。jazzギターでの「無伴奏ソロ」というと、ジョー・パスの名前がまず出で来ると思います。和音もふんだんに使い、恐ろしいほどの完成度です。「無伴奏ソロ」というとこのジョー・パスの影響を受けた感じのものが多いと思います。ただ中には、単旋律を主体にしているギターリストも僅かながらいます。私はこの後者の方に今のところ魅力を感じています。

この「無伴奏ソロ」は実際、練習してみるととても難しいです。メトロノームが鳴っていれば楽なのですが、鳴っていないと、ついつい「走って」しまったり、リズムがあやふやになったりします。それと「説得力のあるフレーズ」を綴っていかなければ、コード感が無くなってしまいます。ですから録音して確認する練習も必要になります。
まぁ、大変ですが、継続して練習していけば何か掴めるような気がしています。

また次回^_^

Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/200-4fd24b97