FC2ブログ
こんにちは。
今回は「チューニング」がテーマです。
生徒さんの中には「チューニングが苦手!」という方が多いです。
「チューニングメーターを使えばできるけど、耳ではムリ!」や「チューニングメーター以外で調律した事が無い」など、よく聞かれます。確かに「チューニングメーター」はとても便利です。特に「クリップ式チューニングメーター」は画期的商品だと思います。(大げさでしょうか? 笑)
この「チューニングメーター」のおかげで初心者でも正確な調律が出来、「ギター初心者の挫折」の減少に大いに貢献したと思えます。

思えば私がギターを始めた頃は「音叉」もしくは「調子笛」でした。チューニングメーターも商品として存在していたのですが、かなり高価なものでした。しかも今の様に小型では無かったです。

「音叉」というのは基本的に基準音しか出せません。(A-440が一般的)ですから一本の弦を音叉で合わせ、その音を手掛かりに他の弦を合わせていく作業となります。(ハーモニックスで合わせていくのが基本、音を聞くのではなく2音の「うねり」を聞き、それが無くなる状態にする)
この作業は初心者には難しく、「音叉を使い、チューニングが出来る」という事自体が「初心者脱出!」の看板の様なものでした。
確かに「音叉」を使えるという事はある程度の「耳の訓練」に貢献しています。ただ今の時代に「音叉」はそぐわないのは確かです。クラシックギタリストの中には「音叉」を愛用して方はいらっしゃいますが、ロックギターではどうでしょう?「チューニングメーター」の方が圧倒的に多いはずです。

しかし敢えて私は「音叉を使える事」を推奨します。もちろん普通は「チューニングメーター」で構いません。でも耳の訓練の為にも音叉を使えるようになっておくべきです。
やはりある程度は耳で音を合わせられるようになる事は大事です。

ちなみに「調子笛」というものもありました。私はほとんど使った事は無かったです、、、

また「チューニングメーター」の使用で注意する事が有ります。それは「ピアノとの演奏」においてです。ピアノは一般的にA-442です。チューニングメーターの初期設定ではA-440になっている事が多いです。要するにピアノの方が音が高いのです。ですからピアノとの演奏では、「ピアノに合わす!」という事になります。
また「チューニングメーター」を使う場合では、まずピアノの音をメーターで確認する必要が有ります。

現在の「チューニングメーター」はとても性能がいいし、安価です。ただ調律を「チューニングメーター」だけに頼らず、自分の耳を使う事も大切です。
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/205-b1d6ecb1