FC2ブログ
こんにちは。
今回は「エフェクター」について書いていきます。ロックギターがある程度弾けるようになったら欲しくなるアイテムがあります。それは「エフェクター」です。エフェクターは「歪み系」「モジュレーション系」「空間系」などに分かれ、いろいろな音を出すことが出来る便利な物です。

販売されているエフェクターの種類は大きく2つに分かれます。1つは「コンパクトエフェクター」もう1つは「マルチエフェクター」です。「コンパクトエフェクター」は基本的には1つの機能のエフェクターとなります。回路はアナログがほとんどです。「マルチエフェクター」はいろいろな機能が入ってています。回路はデジタルです。

では最初は何を揃えるか?

まずは「歪み系」のエフェクターを購入しましょう。「歪み系」には「オバードライブ」「ディストーション」「ファズ」などがあります。それぞれ「歪み方」の違いがあります。私のおすすめは「オバードライブ」です。「歪み方」がそれほど激しくなくソフトな感じです。ピッキングのニュアンスも損なわれないです。なお激しい「歪み」が希望であれば「ディストーション」もしくは「ファズ」となります。

また私の個人的な好みですが「歪み系エフェクター」では「コンパクトエフェクター」の方が好きです。「マルチエフェクター」の「歪み音」は何となく「デジタル臭」のようなものが感じられます。(ちなみに私の「マルチエフェクター」は古く、「デジタル臭」が有りますが今の「マルチエフェクター」は「デジタル臭」が、かなり無くなっています)

また、私は基本的に「コンパクトエフェクター」が好きなのですが、その理由としては「操作が直感的」というのが挙げらます。ツマミは多くて4つ位なので操作自体が簡単です。「マルチエフェクター」だと慣れるまで大変です。
ですから最初の「エフェクター」は「コンパクトエフェクター」で「オーバドライブ」あたりがオススメとなります。

ちなみに「歪み」自体はギターアンプの操作で出来たりします。ですがそれでは常に「歪み音」だけとなってしまいます。やはり「オバードライブ」などを使って「クリーントーン」(ひずませない音の意)と「歪み音」を使い分ける事がより実践的です。

また、いろいろな音を覚えるという点では「マルチエフェクター」が便利ですが、最初は「コンパクトエフェクター」の「オーバードライブ」あたりを購入し、いじくり倒しててみるのがベストだと思います。

それでは^_^
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/206-4b6ad3f1