FC2ブログ
こんにちは。
今日は「確定申告」の最終日です。いつもの年ならもう少し早めに申告を済ませるのですが、今年は最終日になってしまいました。(笑)最終日はめちゃくちゃ混んでいるのですが今年はそれほどではなく無事に「確定申告」を終わらせることが出来ました。
ミュージシャンや講師業は基本的には個人事業主なので1年に1回必ず「確定申告」をする必要が有ります。(結構大変です!)今回、私は提出に必要なものを紛失して再発行をお願いしたりしていたら最終日になってしまいました。(反省!)

レシートを確認しながら去年1年間に購入した物を思い出してみると、「結構、いろいろ買っているなぁ」というのが感想です。やはり楽器の消耗品が多いです。(弦など)あとお昼の外食のレシートが多いです。(これは経費にはなりませんが、、)
逆に「買わなくなった」というのも有ります。それは「CD」です。以前はよく買っていたのですが、ここ2〜3年は滅多に買わなくなりました。これは私だけでは無く、生徒さんや、他のミュージシャン仲間もそのようです。原因は「ユーチューブ」です。音源を検索すると大抵の「名曲」と言われいるものはあります。
とても便利です。また、今は「CDで購入するより、データで購入」という流れになりつつあります。これもまた手軽でいいと思います。

ただ「一抹の寂しさ」を感じるのは私だけでしょうか?
私は「レコード」「カセットテープ」「MD」「CD」など経験してきました。すべて「物としての音源」です。特に「レコード」や「CD」の場合ライナーや解説などが入ってより、そのアーチストや曲に親近感が湧きます。どうしても「データ」のみの音源だと味気ない気がしてしまうのです。
また「ユーチューブ」で簡単に目的の音源にたどり着いてしまうと「苦労して手に入れた感」が無いので目的の曲の「聴き込み」も、浅いような気がします。

私の学生の頃はまだ「レコード」が主流でした。欲しい「レコード」があっても当時の私の小遣いではなかなか厳しいものがありました。(新譜で2500円位)でも小遣いを貯めて購入した「レコード」はそれこそ針が飛ぶ位聴き込みました。ノイズが入る場所なども覚えてしまいました。
新譜が高いので中古レコードを買っていた時期もありました。
しかし、この「レコード」や「CD」は物として宿命で「置く場所無くなる!!」という事態が発生します。(笑)

最初は「置く場所に困る!」など考えもしなかったのでが、、

私の場合結局、大量の「レコード」はすべて処分してしまいました。

ライブの店などで自分の持っていた「レコード」などを見かけると、その時代に記憶が戻り懐かしくなります。

また次回
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/207-9c2ac761