FC2ブログ
こんにちは。
今回は「B♭コードをマスターする」という内容で書いていきます。
難しいコードの代表として「Fコード」と「B♭コード」があります。

B♭コードは「Fコードの次に押さえられるようにしておくべきコード!」です。

「Fコードは押さえられるけどB♭はムリ!」「B♭コードは全然音が出ない!」など生徒さんからもよく聞かれます。要するに難問コードです。

では、B♭コードを攻略するポイントをまとめてみます。

1、「B♭コード」の押さえ方は2つ!

「B♭コード」は1フレット5弦から1弦までセーハ。(6弦からセーハでも構いません)4弦3フレット、3弦3フレット、2弦3フレットをそれぞれ押さえるコードです。
この時、4弦3フレットを中指、3弦3フレットを薬指、2弦3フレットを小指と押さえるやり方と、4弦3フレット、3弦3フレット、2弦3フレットを薬指を反らして3音押さえるやり方があります。最初の押さえ方はクラシックギターやフォークギターでよく使われるフォームです。
このフォームをここでは「アコギフォームのB♭」という名称をとりあえず使います。
もう1つのフォームはエレキギターでよく使うフォームなので「エレキフォームのB♭」と名称にします。


2、最初は「アコギフォームのB♭」で練習!

最終的には「アコギフォーム」「エレキフォーム」共に押さえられるようにするのがベストですが、まずは「アコギフォームのB♭」で練習します。
ちなみに「アコギフォーム」をエレキギターで使う事は問題ありません。ただし逆は音がより出づらくなる事があります。特にクラシックギターで「エレキフォームのB♭」を使うとネックの幅が広いので押さえる難易度が上がります。


3、「アコギフォームのB♭」は人差し指と中指が鍵!

「アコギフォームのB♭」のポイントは「人差し指と中指の開き」です。この2つの指の間は1フレット空いています。ですからまず、この2本の指の開きが楽に出来るようになっていなければならないのです。
練習方法としては人差し指と中指だけを使って練習します。人差し指を5弦1フレット、中指を4弦3フレット、この2本の指を同時に押さえる練習をします。「同時」という事が大事なポイントです。押さえる時2本の指に時間差があってはダメです。
これが出来たら人差し指は5弦からのセーハに変えて練習します。この時人差し指の指先が6弦に軽く触れていると6弦の音がミュートされ、B♭の基本形となります。(B♭のルート音は5弦の1フレット、6弦からのセーハだとルート音は6弦1フレットとなり正確にはB♭/Fというコードになります)

次回に続く!
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/221-33893c56