FC2ブログ
こんにちは。
今回も前回の続きになります。
「ハイコードのみで弾く練習」の第3弾です。早速初めていきます。

3、最初は「パワーコード」で練習!

前回の記事で「m」や「m7」や「7」の押さえ方を解説しました。が最初からコードネームどうりの押さえ方で弾くのは大変です。ですからとりあえず「パワーコード」のみで弾くことにします。
「パワーコード」の押さえ方はルート音と5度の音です。
例えば「Cコード」のパワーコードは、5弦の3フレットにCの音があります。5度の音は4弦5フレットです。これだけです。また6弦の8フレットにもCの音があります。5度は5弦10フレットです。
これら5弦からのパワーコードも6弦からのパワーコードも指の形は同じです。この形をずらしてコードを変えていきます。

ちなみにパワーコードには「m」も「m7」も「7」もありません。全て同じ押さえ方です。(CmもCm7もC7も上記のCのパワーコードの押さえ方でOKです)

4、近いフレットでコードチェンジ!

例えばC、Gというコード進行があったとします。Cのコードを5弦3フレットがルートの「B♭コードタイプ」で弾いたとします、次のGコードの選択肢は2つ有ります。6弦3フレットがルートの「Fコードタイプ」と5弦10フレットがルートの「B♭コードタイプ」です。この場合3フレットで押さえたCのコードに近いのは前者の3フレットの「Fコードタイプ」のGコードとなります。
ただ、どちらを選択するかは好みがありますので慣れたらどちらでも構わないと思います。

5、Eコード、Aコードに注意!

Eのコードの場合5弦ルートの「B♭コードタイプ」が7フレットにあります。もうひとつの6弦ルートの「Fコードタイプ」は12フレットになってしまいます。(ローコードでは楽ですが)12フレットではフレットの幅が狭まく、かなり押さえ辛くなってしまいます。同じ理由E♭辺りも押さえがキツイです。Aの5弦ルートの「B♭コードタイプ」も12フレットになってしまいます。
まとめると「ハイコードはセーハが10フレットまで!」と決めておくと良いです。(エレキギターかアコギかで変わりますが、ちなみにクラシックギターの10フレットセーハはキツイです!笑)

同じコード進行でも、「ローコード」のみで弾くのと「ハイコード」のみで弾くのではかなり違います。
特にエレキギター系では「ハイコード」の方が標準として使われています。「ハイコード」はコードの形を覚えてしまえば、あとはずらすだけです。
頑張って覚えましょう!
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/226-2f8c371b