FC2ブログ
こんにちは。
4月は入会する生徒さんが多い月です。入会する生徒の中にはまったくの初心者という方もいます。
またそのような方の中には「ギター初心者セット」のようなギターやチューナー、アンプがセットになった商品を購入し、レッスンに備えるという方もいるわけです。

実は初心者の方で意外と盲点になっている点があります。それは「ピックの選択」です。「ギター初心者セット」には、とりあえず的なピックしか付属していないのが普通です。

「ピック」というのは弾きやすさにかなり関係します。安価ですが、こだわるべきアイテムです。例えば「ピック」の硬さを変えただけで音が変わります。また「ピック」の先端部の角度の違いでも音は変わってきます。
ですから中級者以上の方でも「ピックをいろいろ試し、自分に合ったものを探す!」という作業は大事だと思います。また「以前から使っていたピックより今回使ったピックの方が弾きやすい!」という事はよくあり、このような事はいろいろなピックを試していかなければわかりません。

「ピック」において重要なポイントは「形状」と「硬さ」です。

ピックの形状は大きく2つです。1つは「三角ピック」(おにぎり型)もう1つは「ティアドロップ型」です。「ティアドロップ型」の方が先端部が鋭角です。先端部が鋭角の方がはっきりした音が出ます。

ピックの硬さについてはいろいろありますが、大きく3つか4つに分かれます。「やわらかい」「ふつう」「かたい」「かなりかたい」簡単に言うとこのような感じです。実際には「Thin」「Medium」「Heavy」「Extra Heavy」このような表記です。(ちなみに硬さの表記はメーカーそれぞれです)

私が思うには「形状」より「硬さ」の方がより弾きやすさ、音色に影響があるような気がします。

まとめです。

まず500円から1000円の予算でピックを購入しましょう。1つ100円ぐらいなので複数購入出来ると思います。ポイントは「硬さ」の異なるピックをそれぞれ購入する事です。「形状」の研究は後回しでいいです。とりあえず「いろいろな硬さを知っている」という事が大事です。
実際はその中から気に入ったピックを探す訳ですが、、、

ピックは「しなるかどうか?」という点が弾きやすさに関係します。ピッキングのコントロールが難しい初心者の方の場合、ピックに「しなり」のあるものがおススメです。硬いピックだとピッキングの粗が目立ってしまいます。基本的には「Medium」が無難です。ただ「弾きやすさ」というのはレベルによって変わっていきます。それに伴ってピックも変わっていきます。

また次回?

Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/230-29125207