FC2ブログ
こんにちは。

今回は「クロマチックスケール練習のポイント」というタイトルで書いていきます。

「クロマチックスケール練習」はギターの基本練習の王道です。是非マスターして、隙間時間などに練習出来るようにしておくといいです。

まず「クロマチックスケール練習」の解説から始めていきます。ちなみに今回はピックで弾く事を前提として解説していきます。
「クロマチックスケール」というのは「半音階」という事です。

スタートは6弦の解放弦から弾き始めます。弾く順番は6弦から解放弦、1フレット、2フレット、3フレット、4フレット、と弾いていきます。人差し指が1フレットになるので、4フレットは小指になります。
同じ様に5弦も解放弦、1フレット、2フレット、3フレット、4フレット、と弾きます。
4弦も同様に弾きます。
注意は3弦です。3弦は解放弦、1フレット、2フレット、3フレットで終わりです。4フレットは弾きません。ですから薬指で終わります。理由は3弦の4フレットを弾いてしまうと、次の2弦の開放弦の音と同じになり、音がだぶってしまい半音階にならないからです。
2弦は元のパターンと同様に解放弦、1フレット、2フレット、3フレット、4フレットと弾きます。
1弦も同様です。

今、1弦の4フレットに小指がある状態になっています。ここまでを第一段階とします。

次は1弦の5フレットに人差し指を素早く移動して弾き、6フレット中指、7フレット薬指、8フレット小指と弾いていきます。全て1弦です。

更に1弦9フレットに人差し指を素早く移動して弾き、10フレット中指、11フレット薬指、12フレット小指と弾いていきます。

更に1弦13フレットに人差し指を素早く移動して弾き、14フレット中指、15フレット薬指、16フレット小指と弾きます。

ここまでが第二段階です。今、小指が1弦16フレットにある状態です。
ここから戻ります。戻る時の注意事項は最高音の16フレットは1回しか弾きません。要するに13フレット、14フレット、15フレット、16フレット、15フレット、14フレット、、、となります。

1弦13フレットに人差し指がきたら、小指を素早く12フレットに移動し11フレット薬指、10フレット中指、9フレット人差し指となり、更に8フレットに素早く小指を移動し、同じ様に戻ります。5フレットに人差し指がきたら、4フレットに素早く小指を移動し1フレットに人差し指がきたら、1弦解放弦を弾き、2弦4フレットに小指、3フレット薬指、2フレット中指、1フレット人差し指となります。
更に解放弦を弾きます。
(下降の状態で小指が16フレットにある状態を第三段階、4フレットにある状態を第四段階と言うようにします)

3弦は上昇の時と同様に4フレットは弾きません。ですから2弦の開放弦を弾いたら3弦の3フレット薬指になります。
4弦、5弦、6弦は4フレット、3フレット、2フレット、1フレット、解放弦と下がってきます。

最終的に6弦解放弦で終わりです。

弾くと簡単なのですが文章にすると大変です、、笑


続きます、、
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/232-2317f398