FC2ブログ
こんにちは。
今回は「暗譜のこだわり」というテーマで書いていきます。
先日、月1で演奏しているジャズの店での事です。
そこでのステージは2回あり2回目はジャムセッションになります。今回もヴォーカルの方やベースの方が見えました。ヴォーカルの方は自分のレパートリーの譜面をメンバーに渡し、歌う感じになります。何人かヴォーカルの方歌詞を完全に暗譜して歌っていました。

私はなるべくjazz系の演奏では「暗譜」を心がけています。多少、記憶があやふやでも譜面を見ないようにしています。(笑)
これにはいろいろな理由があるのですが、1つはjazzというのが「コミュニケーションの音楽」というのがあります。
ですから「自分対譜面」より「自分対メンバー」という思考でなくてはいけないのです。
更に言えば「譜面を見ながら完璧に弾くより、譜面を見ないでそこそこ弾けた方が評価される」という事が昔からありました。もちろん、うろ覚えの曲もあります。コードが違っていたりする事もあると思いますが、昔から「ジャスにおいてはミスというのはあまり評価に関係ない」というのがあります。(もちろん程度にもよりますが、、)

ですから譜面に意識を持っていかれないように「自分対メンバー(お客さんも含め)」というスタンスが大事です。

私のジャスの師匠はまったく譜面を見ない方でした。レッスンの時は譜面を使うのですがレッスンの後半になると「では、譜面を裏返しにして!」と、暗譜の確認をするのです。(笑)今思えば「極度の緊張感では意外と覚えられる!」というのを学びとても感謝しています。

暗譜に関しは苦い経験もあります。まだ、演奏が未熟な頃、ある知り合いに呼ばれライブに出演しました。何曲か店のマスターがメンバーに混じって演奏するします。そこで「○○○をやるよ!」とマスターが言いました。その曲は大スタンダードだったのですが出だしのコードがあやふやで譜面を見ながら演奏しました。
ライブが終わってマスターから「○○○の曲は大スタンダードだから覚えていなければダメ!」と叱咤されました。

またベテランの方と演奏した時、私一人だけ譜面を探し、広げているのがとても恥ずかしいと感じ、反省した記憶もあります。

「暗譜」はとても大変です。しかし、「暗譜した曲」と「暗譜していない曲」では雲泥の差があります。
まずは1曲からチャレンジしてみるといいと思います。ポイントは「まずはコードを覚える」が大事です。
頑張りましょう!
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/244-5d225d49