FC2ブログ
こんにちは。

今回は「スケール練習のヒント」というタイトルで書いていきます。

「アドリブ」等で大事なことは「コードに対応するスケールを把握できているか?」さらに「そのスケールをフレーズ化、歌わせる事、が出来るか?」という事になります。

今回は、そのスケール自体の雰囲気、もしくは色のようなものを、把握するする練習を紹介します。
これが「スケールのフレーズ化」に繋がる練習になります。

「スケール」を使ったアドリブで大事なことは「そのスケールでのいろいろな音の動きを熟知しているか?」という事です。

練習方法

1、まずは練習するべきスケールを決めます。とりあえず「Cドリアンスケール」を覚えるとします。(C.D.E♭.F.G.A.B♭)



2、5弦ルートと6弦ルートのポジションを覚える。

ここで重要な事は「覚える!」という事です。書いたものを見て練習しても効果はありません。理想はポジションがドットのように指板上で「見える」状態まで練習します。
ちなみにいろいろなポジションで弾く練習はこれが出来てからです。


Cドリアンスケール

5弦ルートパターン
5弦3.5.6フレット、4弦3.5フレット、3弦2.3.5フレット、2弦3.4.6フレット、1弦3.5.6フレット、(6弦3.5.6フレット)

6弦ルートパターン
6弦8.10.11フレット、5弦8.10フレット、4弦7.8.10フレット、3弦7.8.10フレット、2弦8.10.11フレット、1弦8.10.11フレット

スケールを覚える時のポイントは「コードをイメージする!」という事です。例えば5弦パターンを練習するのであれば、Cm7(人差し指5弦3フレットからセーハ、中指2弦4フレット、薬指4弦5フレット)を指板上でイメージしながら弾いていくのがよいです。これは「コードトーン」の練習にもなります。



3、バックでコードを鳴らして練習

スケールというのは後ろで鳴っている和声がある方が、より具体的そのスケールの雰囲気を掴めます。ですからCドリアンスケールを練習するのであればCm7のコードをバックで鳴らし、練習するのがよい方法です。この時のコードは1種類で、構いません。
重要なことは、ここからの練習は単なるスケール練習ではなく、そのスケールからある種のメロディーやフレーズらしいものを生み出す事がポイントです。ですから毎回ルートから弾き始めるようだと、ただのスケール練習になってしまいます。

4、時間をかける!

このような練習は一朝一夕にはマスター出来ません。しつこく飽きるほどやるべきです。スケール練習自体は単純なものです、しかしそれをフレーズやメロディーにしていくにはかなりの時間が必要になります。
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/248-0ff463b9