FC2ブログ
こんにちは。
今回は「ドミナント7thコードで使うスケール」という内容で解説していきます。
まずはドミナント7thコード(G7、B♭7など)では使えるスケールが複数あるので、それを書いていきます。

1、ミクソリディアンスケール
2、リディアン♭7スケール
3、ハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウスケール(HP5スケール)
4、オルタードスケール
5、コンビネーションディミニッシュスケール
6、ホールトーンスケール

次にこれのどのスケールを使うか?を考えていきます。

まずはそのkeyのⅤ7で使う場合です。これはメジャーkeyとマイナーkeyで使用するスケールが違ってきます。

メジャーkeyのⅤ7で使うスケール。(keyCの場合G7)
1、2、3、4、5、6の全てのスケールが使用可能です。ちなみに3は使え無いとの理論書もありますが、使っても全く問題ないです。

マイナーkeyのⅤ7で使うスケール。(keyCmの場合G7)
3、4、5、が使用可能です。考え方としては「そのスケールに9thがあるか、無いか」です。マイナーkeyの場合9thがあるスケールは使えません。

次はノンダイアトニックコードのドミナント7thについて考えていきます。
この場合「次のコードにドミナントモーションして解決しているか、いないか」まずはこれを分けて考えていきます。

次のコードにドミナントモーションして解決している場合。(セカンダリードミナント等がこれにあたります。例えばkeyCの場合D7.G7やA7.D m7など)
更に解決先のコードがメジャー系か、マイナー系かで分かれます。

ノンダイアトニックコードのドミナント7thコードがメジャー系に解決する場合。

この場合は1、2、3、4、5、6の全てのスケールが使用可能です。


ノンダイアトニックコードのドミナント7thコードがマイナー系に解決する場合。

この場合は3、4、5が使用可能です。
考え方としてはⅤ7と同じパターンとなります。

では解決していない場合です。この場合は基本的2を使います。1を使っても大丈夫です。ただ例外があります。メジャーkeyのⅢ7がⅣに進む場合などはⅢ7がⅥmに進むと考えた方がスケール設定がしっくりします。例えばkeyCでE7からFM7に進む場合、E7のコードは「解決していないドミナント7th」となり使用スケールはリディアン♭7スケールとなりますが、この場合は解決先のFM7はkey FのⅠと考え、代理コードのⅢm7のA m7に進むと考えた方がサウンドがいいです。(E7. FM7をE7.Am7と考える)
またマイナーkeyのⅡ7も解決していない場合がありますが、9thが入ったスケールは使いずらく、この場合は4のオルタードスケールとなります。

また次回



Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/260-7a648f95