FC2ブログ
こんにちは。
今回は「マイナー7t hコードで使うスケールは?」という内容で解説していきます。

例えば、レッスンの時などに「ここはm7コードだからマイナースケールを使う、でいいですか?」のよう質問を受けるとします。答えとしては「 m7コードだからと言って全てがマイナースケールで合うのではありません」という事になります。

まずはそのm7コードがメジャーkeyで使用されているのか、マイナーkeyで使用されているのか、又、ダイアトニックコードとして使用されているのか、ノンダイアトニックコードとして使用されているのかで大きく違ってきます。ではメジャーkeyから考えていきます。


1、メジャーkeyのダイアトニックコードとしてのm7コードの場合。

この場合、考えられるm7コードは
Ⅱm7、Ⅲm7、Ⅵm7となります。それぞれ対応するスケールが違ってきます。
Ⅱm7はドリアンスケール。(keyCの場合、Dドリアンスケール)
Ⅲm7はフリジアンスケール。(keyCの場合、Eフリジアンスケール)
Ⅵm7はエオリアンスケール、これはナチュラルマイナースケールとも言います。(keyCの場合、Aエオリアンスケール、もしくはAナチュラルマイナースケール)


2、マイナーkeyのダイアトニックコードとしてのm7コードの場合。

Ⅰm7はエオリアンスケール。もしくはナチュラルマイナースケール。他にⅠm7をⅠmと考えて、ハーモニックマイナースケール、メロディックマイナースケール。モード奏法的なサウンドを狙ってドリアンスケールを使う事もあります。keyCmの場合、Cエオリアンスケール、Cナチュラルマイナースケール、Cハーモニックマイナースケール、Cメロディックマイナースケール、Cドリアンスケール)

Ⅳm7はドリアンスケールになります。(keyCmの場合 Fドリアンスケール)

Ⅴm7(あまり使われませんが)はフリジアンスケール。(keyCmの場合Gフリジアンスケール)

Ⅱm7(メロディックマイナースケールのダイアトニックコードです。ほとんど使用されません)はドリアン♭2スケールになります。

3、ノンダイアトニックコードのm7は基本的にはドリアンスケールです。ちなみにノンダイアトニックコードのm7が連続する場合はそのマイナーkeyに転調した、と考えてエオリアンスケールにします。

4、m6のコードの場合はメロディックマイナースケールになります。ドリアンスケールの中にも6thの音はあるのですがアボイドノートとなる為、使用が厳しいです。(実際の演奏ではよく使用しますが、、笑)
マイナースケールの中で6thの音が使えるスケールはメロディックマイナースケールしかありません。


また次回^_^
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/261-7fdaaebd