FC2ブログ
こんにちは。
今回は「まずはメジャーペンタトニックスケールでアドリブ」というタイトルで書いていきます。
「ペンタトニックスケール」は5音階の事です。この5音階で作られたスケールは世界中にあります。(民族音楽の世界では5音階はよく使われています)

今回はポピュラー音楽でのアドリブによく使う「メジャーペンタトニックスケール」を解説していきます。

「メジャーペンタトニックスケール」というのは「メジャースケール(ドレミ、、の意)」の1番目、2番目、3番目、5番目、6番目の音で出来た音階です。(keyCのダイアトニックコードで使用します)


Cメジャーペンタトニックスケール

ド、レ、ミ、ソ、ラ

となります。とてもシンプルなスケールですがポピュラー音楽にとてもマッチします。

ポイントととしては、このスケールを「ラ」の音から始めると、「Aブルーノートペンタトニックスケール」になるという事です。

Aブルーノートペンタトニックスケール

ラ、ド、レ、ミ、ソ

ちなみに、この「Aブルーノートペンタトニックスケール」を「Aマイナーペンタトニックスケール」と表記する事も有ります。

ですからkeyAのブルースなどで使っていた「Aブルーノートペンタトニックスケール」はkeyCのダイアトニックコードでのアドリブで使用可能です。
これは一見同じ音を使っているのでAのブルーノートペンタトニックスケールても、Cのメジャーペンタトニックスケールでも同じ、という感じがします、が、ギターの場合「ポジション」という「どの場所で弾くか?」という事が弾き易さや、スケールの見え方に関係します。

例えばCメジャーペンタトニックスケールというと、ギターの指板上では
6弦8フレット(ド)、6弦10フレット(レ)、5弦7フレット(ミ)、5弦10フレット(ソ)、4弦7フレット(ラ)、4弦10フレット(ド)、3弦7フレット(レ)、3弦9フレット(ミ)、2弦8フレット(ソ)、2弦10フレット(ラ)、1弦8フレット(ド)、1弦10フレット(レ)が基本的なポジションとなります。

Aブルーノートペンタトニックスケールの場合は、6弦5フレット(ラ)、6弦8フレット(ド)、5弦5フレット(レ)、5弦7フレット(ミ)、4弦5フレット(ソ)、4弦7フレット(ラ)、3弦5フレット(ド)、3弦7フレット(レ)、2弦5フレット(ミ)、2弦8フレット(ソ)、1弦5フレット(ラ)、1弦8フレット(ド)となります。
弾いてみるとわかる思いますがAブルーノートペンタトニックスケールの方が指使いがわかり易く、スケールが見え易いのです。

まとめ

keyCでのアドリブでは「Cメジャーペンタトニックスケール」が使えます。
しかし、同じ音の「Aブルーノートペンタトニックスケール」のポジションで弾いた方が指板上を把握し易いです。
ちなみにAブルーノートペンタトニックスケールの♭5の音(ミ♭)はCメジャーペンタトニックスケールにおいてはマイナー3th(ブルーノート)となります。(5弦7フレット、3弦8フレット)
上手く使うととてもいい感じになります!
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/266-889abfa9