FC2ブログ
こんにちは。
今回は「音の良さとは?」という内容で書いていきます。

「あのギタリストは音が良い!」「このギターはよく鳴っている!」などよく言われます。

では「一体音の良さとは何か?」というのを考えていきます。

音の良さには「倍音が豊か」「音量が出る」「音のバランスが良い」などいろいろな言い方があります。
しかし基準がありません。
例えば、シングルコイルのエレキギターでノイズが混ざっていたとしても「いい音!」と聞こえる事は普通の事です。
またクラシックギターの澄んだ音もとても「良い音」と聞こえます。

ですから「音の良さ」というのは突き詰めていくと「好み」の世界になっていくと思います。

ただ、仮に「1種類の音しか聞いた事がない」という人がいたとします。その人は他に比べる音がないので「いい音、そうではない音」又は「好みの音、そうではない音」の判断がつかない事になります。

「いい音、好みの音」というのはたくさんのサンプルを聞き、作られていきます。

多くのギタリストが尊敬する先人の音に近づけようと努力するのはその音に魅力を感じたからです。

しかしその音が、他のギタリストにとっても「1番いい音!」とはなりません。やはりそこには「好み」が入ります。



では「いい音」を出すにはどのような方法があるでしょうか?

基本的には「こんな音を出したい!」という、目的が必要です。ただ弾くのではなく「出したい音をイメージしながら練習」というのがポイントとなります。
その為には「たくさんのサンプルを聞く!」という事がとても大事です。そのサンプルの中から自分の好みの音を見つけ、模倣していきます。

また「音を作る」前段階として、フォームやピッキングの均等さ、などはあらかじめ練習しておく必要があります。

初心者の場合、弾く事に精一杯で「音を作る」という事に神経がいかないと思います。
ですからまずは「丁寧に、ある程度しっかりとした音量で弾く」ということを心がけるといいと思います。

「しっかりとした音量で弾ける!」というのはたとえピッキングミスが多くても、後々それを上回る程のスキルとなります。小さな音で弾く事に慣れてしまった場合、改善するのは意外と難しいです。

そして「自分の音!」というのが確立するとたとえ楽器が変わっても何となく「その人の音」的な感じがするものです。

「音」というのはそのギタリストの個性と直結します。ですから「これが自分の音!」というのを開拓出来ればいいと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/267-edd2b60a