FC2ブログ
こんにちは。

今回は「コードの覚え方」を考えていきます。「コードの覚え方」に関しては以前にも、何度か解説した事がありますが、もう一度書いていきます。

ギターの役割に「伴奏」があります。この「伴奏」を弾く上で核になるのが「コード」になります。「そのコードを覚えているかどうか?」という事は「伴奏」をする上でとても大事です。

今回は「コードを覚える練習」という点に焦点を当てていきます。

コードには大きく分けて「ローコード」「ハイコード」の2つがあります。「ローコード」は開放弦を使ったコードです。「ハイコード」は「バレーコード」とも呼ばれますが開放弦を使わないコードです。ほとんどが人差し指のバレーを必要とします。

コードの覚え方としてはまず「ローコード」を覚える事が最初となります。「ローコード」は一見、規則性が無いように感じるので覚えるのに手こずります。


コードの覚え方として、もっと一般的なものが「歌本などで知ってる曲を弾いて、なんとなくコードを覚えていく!」です。

このやり方の弱点は「覚え残しのコードがたくさんある!」という事です。
ちなみに、譜面にコードの押さえ方が書いてある場合(ダイアグラム)では、それを見てしまい、コードネームからコードを導くことが難しくなります。ですからコードのダイアグラムが書いていない譜面で練習するのがいいです。



おすすめのコードの覚え方としては、「まずトライアードのメジャーコード、マイナーコード徹底的に覚える!」です。やり方は、メジャーコードの場合、C、C#、D、D#、E、F、F#、G、G#、A、A#、Bと順番に弾いていきます。1つのコードを4回弾いたら次のコードに進みます。マイナーコードも同じやり方です。単純な練習ですが効果的です。この練習の良い点は「覚え残しのコードが無い!」という事です。

次に「セブンスコード」「マイナーセブンスコード」と覚えていきます。

実はトライアードのメジャーコードとマイナーを覚えて弾く事が出来れば、弾ける曲はたくさんあります。
例えば、曲の中でセブンスコードが出てきたらトライアードに変換します。C7をCにするということです。本来のC7の響きをCにするので和声的に寂しい感じがしますが外れている和音では無いのです。これはC7の構成音、ド、ミ、ソ、シ♭からシ♭を取ってCの構成音ド、ミ、ソになるということになります。同じ理由でマイナーセブンスコードもマイナーコードに変換して弾きます。

まずはメジャーとマイナーのトライアードをしっかり覚えましょう!
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/269-ae05ce04