FC2ブログ
こんにちは。
今回は「実はとても難しいクラシックギターのスラー」というタイトルで書いていきます。

クラシックギターでの「スラー」というのはエレキギター等の「プリング、ハンマリング」と同じ事です。ただ「スラー」の表記には音符を繋ぐかっこの印しかなく、それが「プリング」なのか「ハンマリング」なのかは音符を見て判断するしかありません。

「ハンマリング」「プリング」はエレキギターでは比較的簡単なテクニックになると思います。しかしクラシックギターではとても難しいテクニックに変わります。

スラーの難しさを挙げるとしたら「音がよく出ない!」というのがあります。エレキギターの弦は鉄弦で太さも細いため、指自体の力はあまり要りません。しかしクラシックギターは違います。まず弦がナイロン弦の為、鉄弦より音が出づらいのです。ネックの幅も広く、左手のきちんとしたフォームが重要となります。


ここでクラシックギターでのスラーのポイントを書いてみました。

1、スラーを行う指は指板に対して垂直に!

エレキギター的な親指をネックの上に出し、ネックを握るようなフォームでは、クラシックギターのスラーはうまくいきません。親指はネックの後ろにして、指を立てるフォームが重要です。

2、下降スラー(プリング)では弦を引っ張らない!

例えば左手の人差し指を押さえて薬指で下降スラーをする場合(例、3弦の5フレット人差し指、3弦の7フレット薬指)薬指に力を入れすぎると人差し指の支えがそれに負け、弦が下方向に動いてしまいます。ポイントはスラーをする指より支えている指に力を入れます。逆になる場合が多いです。

3、必要最小限の力でスラーを行う!

スラーを行う時は「音をしっかりと出す」ということに気を取られ、力が入り過ぎてしまうことが多くなります。そうすると、そこに妙なアクセントやぎこちなさが現れます。スラーは必要最小限の力で行いましょう。

4、フォームが大事!

これがとても重要です。逆に言えば「スラーがきちんと出来ているフォームは正解!」ということになります。
ちょとした指の角度やフォームの違いでスラーの音が出なくなったりします。とにかく、きちんとしたフォーム作りがポイントです。

また次回
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/272-3f904cd0