FC2ブログ
こんにちは。
今回は前回の続きとなります。
前回ではメロディックマイナースケールのダイアトニックコードを探し、対応スケールを導いていきました。

いろいろと興味深いスケールがありましたが、今回は第2段です。

とりあえず前回のおさらいです。


Cメロディックマイナースケール(上昇形)

ド、レ、ミ♭、ファ、ソ、ラ、シ



Cメロディックマイナースケールのダイアトニックコード



ド、ミ♭、ソ、シ→CmM7(ⅠmM7)

レ、ファ、ラ、ド→Dm7(Ⅱm7)

ミ♭、ソ、シ、レ→E♭augM7(Ⅲ♭+M7)

ファ、ラ、ド、ミ♭→F7(Ⅳ7)

ソ、ラ、ド、ミ→G7(Ⅴ7)

ラ、ド、ミ♭、ソ→Am7♭5(Ⅵm♭5)

シ、レ、ファ、ラ→Bm7♭5(Ⅶm7♭5)


そしてスケールを導いていきました。


CmM7→Cメロディックマイナースケール

Dm7→Dドリアン♭2スケール

E♭augM7→E♭リディアンオーギュメントスケール

F7→Fリディアン♭7スケール

G7→Gミクソリディアン♭6スケール

Am7♭5→ロクリアン♮ 2スケール

Bm7♭5→Bオルタードスケール

ここまでが前回のおさらいです。

では、興味深いスケールを見ていきます。

「Dm7→Dドリアン♭2スケール」

ドリアンスケールでは通常♮2(9th)なのですが♭2とは、、(笑)雰囲気的にはフリジアンスケールに似てるかもしれません。実際に使う場合は♭2の音はアボイドノートになってしまう感じです。


「E♭augM7→E♭リディアンオーギュメントスケール」

現代ジャスではこのコード、たまに使われています。和声的にはE♭のルート音の上にFのトライアードが乗っている感じになります。アッパーストラクチャー的和音です。通常のメジャー7thでこのスケールを使うと不思議な感じにります。


「G7→Gミクソリディアン♭6スケール」

普通のミクソリディアンスケールに対して♭13thが入った感じのスケールです。個人的にはこのスケールは違和感なく、普通に使えそうな気がします。
このスケールでは♮2(9th)と♭6(♭13th)の音が入っています。この組み合わせの代表的なスケールとしてはホールトーンスケールがあります。ちなみに逆の#2(♭9)もしくは♭2(♭9th)と♮6(13th)の組み合わせではコンビネーションディミニッシュスケールがあります。


「Am7♭5→ロクリアン♮ 2スケール」

これは比較的知られているスケールです。「ロクリアン#2」や「スーパーロクリアン」のように呼ばれていた気もします。
使用場所としては、メジャー系コードに解決するツーファイブでⅡ-7がⅡ-7♭5になっているときの使用がベストです。(Am7♭5〜D7〜GM7のような場合)
ちなみにこの場合の♮2はテンション9thとなりアボイドノートではなくなります。(普通のロクリアンスケールでは♭2の音があり、これがアボイドノートとなっています)


このあたりの「あまりメジャーではないスケール」を研究、熟知していけば何か新しい自分のスタイルが出来るかもしれません、、、

また次回^_^
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/279-9557053f