FC2ブログ
こんにちは。

12月は忙しくブログを書く時間がなかなか作れない状況です。笑

今回は「ホールトーンスケールとは?」というタイトルで書いていきます。

ホールトーンスケールは全音音階とも言います。音が全音(長2度)で展開される音階となります。一般的に解決を必要とするドミナント7thのコードで使います。




Cホールトーンスケール

ド、レ、ミ、ソ♭、ラ♭、シ♭

ド→ルート
レ→9th
ミ→3th
ソ♭→♭5th
ラ♭→♭13th
シ♭→♭7th

「テンション」としては9th、♭5th、♭13thがあります。注目点として、メジャー系に傾斜する9th、マイナー系に傾斜する♭13thを含んでいる事です。この2つのテンションを含むスケールはほとんどありません。(他にハーモニックメジャースケールなど)

また音階の隣り合った音どうしの音程は常に全音(長2度)となる為、そのスケールの音全てがスケールのルートとなります。要するに、
Cホールトーンスケール=Dホールトーンスケール=Eホールトーンスケール=G♭ホールトーンスケール=A♭ホールトーンスケール=B♭ホールトーンスケール
となります。(出発音が違うだけでスケール内の音は同じ)
ですから、ホールトーンスケールは2タイプしか無いという事になります。


タイプ1

Cホールトーンスケール
Dホールトーンスケール
Eホールトーンスケール
G♭ホールトーンスケール
A♭ホールトーンスケール
B♭ホールトーンスケール

(スケール内の音は同じ)


タイプ2

C#ホールトーンスケール
D#ホールトーンスケール
Fホールトーンスケール
Gホールトーンスケール
Aホールトーンスケール
Bホールトーンスケール

(スケール内の音は同じ)

ホールトーンスケールはとても個性が強いスケールです。上手に使わないとそのフレーズだけ妙に浮いてしまいます。(笑)

16分音符やテンポの速い曲などで使うといい感じになります!

また次回^_^
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/285-06c365ca