FC2ブログ
こんにちは。
今回は「ピックについての個人的感想」というタイトルで書いていきます。

「安価でギターの音を向上させる!」という質問に対して「ピックの変更」というのは試してみるべき解答だと思います。

実際に試してみればわかると思いますがピックの材質、硬さなどでかなり音が変わります。そしてこれは弾きやすさに直結します。

現在、私はダンロップ製の2mmピックを使っています。このピックは厚みがあり全く「しなり」がありません。音に関しては太い感じです。そして右手のダイナミクスの反応がダイレクトにピックに伝わる感じがします。
この2mmピックを使って5年位経ちます。以前はミディアムのピックを使っていました。

ピックを硬いものにするか、柔らかいものにするかは、人それぞれだと思います。ただピック自体安価なものなので、いろいろと試してみるのがいいと思います。



ちなみに私はピックをよく無くします。(笑)
無くさないようにギターにピックケースを付けているのですが、ついついそのへんに置いてしまうため、しょっちゅうピックを探しています。笑

ですから、同じものをたくさん持っていないと不安です。

また「ピックを忘れる」というのも経験済みです。(笑)
演奏の現場で「ピックを忘れた!」というのが何度があります。しかし大抵どうにかなります。私の場合、財布に必ずピックを入れておきます。またギターケースに予備の弦、ピックなどを入れておきます。これは本当に大事な事です。特に弦!
ピックが無い場合、最悪指で弾いたり、コイン!で弾いたりする事はとりあえず可能です。しかし弦が切れ、予備がない場合、お手上げです、、、
私の場合、レコーディングで切れました、!、(予備弦で大丈夫でした)

ピックの話から弦に移ってしまいました。


まとめ

ピックは安価でサウンド変化に効果ありです。もちろん弾きやすさも変わってきます。いろいろと試してみるといいと思います。
ポイントとしては「入手しやすいもの」です。珍しいピックの場合、続けて購入することが困難な場合があります。最悪、そのピックが生産終了後!という事もあるからです。(経験済み!)

高価なエフェクター購入よりピックの変更を検討するのもありです!

また次回^_^

スカイプ等の遠隔レッスンもやっています!(音楽理論などもやっています)
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/287-16516925