2018.05.29 コードの連結
コードの連結の時、「どうしても各指が一本ずつフレットを押さえる。」とうことがよくあります。本来ならば各指同時が理想なのですが、難しいコードだと大変です。
まず、2つのコードに共通の指があるとき、その指は離してはいけません。(CからAmの場合には人差し指と中指は離さない。)次に、共通の指無い場合を考えます。本来、コードは押さえる直前に形ができていなければいけないということです。ようするに「空中でその形が出来ている。」ことが大事です。
効果的な練習は、押さえたコードを指板から1cmから3cm離して(形は崩さすに)元に戻すします。最初は戻すとコードの形がすぐ崩れてしまうのですが、続けることにより元の形を崩さずに戻れるようになります。


Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/29-a2fb06df