FC2ブログ
こんにちは。

今回は「スケールとコードの考え方」というタイトルで書いていきます。

例えばこのようなコード進行があったとします。

keyC

CM7|Am7|Dm7|G7

これら全てのコードはkeyCのダイアトニックコードとなります。

CM7→ⅠM7
Am7→Ⅵ-7
Dm7→Ⅱ-7
G7→Ⅴ7


ではこのコード進行でアドリブを行うとします。

考え方的には

1、全てkeyCのダイアトニックコードだからCのメジャースケール(Cイオニアンスケール)もしくはCのメジャーペンタトニックスケール(Aマイナーペンタトニックスケールと同じ)たまにCブルーノートペンタトニックスケールを使う。(CブルーノートペンタトニックスケールはCマイナーペンタトニックスケールと同じと考えていいです。厳密には違うのですが)



2、各コードにアベイラブルノートスケールを設定。

CM7→Cイオニアンスケール
Am7→Aエオリアンスケール
Dm7→Dドリアンスケール
G7→Gミクソリディアンスケール

(CイオニアンスケールはCメジャースケールと同じ。AエオリアンはAナチュラルマイナースケールと同じ)

この2つがあります。実際は2つとも「ど、れ、み、、」のCメジャースケールを弾いている事になるわけです。

ただ考え方は大きく違います!
1のやり方では各コードについての意識が無くアドリブを続けていく事になるわけです。ですからフレーズの中でコードのサウンドは聞こえづらい状況になります。最悪コード進行の終わりがわからない!と言った事も起こります。
ただ各コードにとらわれず自由にフレーズを展開することが出来ます。また単一スケールを使う為、アドリブ自体が楽です。


では2のやり方はどうでしょうか。この場合各コードに対応するアベイラブルノートスケールを事前に練習し使えるようになっておく事が必要です。最初の準備がとても大変ですが慣れるととても便利です。
各スケールはそのコードに対応しているので、常にコードを意識しながらアドリブをすることができます。
「CM7の時はCM7のコード付近で適当にCイオニアンスケールを弾く、Am7に変わったらAm7のコード付近でAエオリアンスケールを弾く」簡単に言うとこのような感じです。

jazz系のアドリブは基本的に2の考え方で行っていきます。何故なら「ノンダイアトニックコード」や「転調」の場合、1のやり方では混乱してしまいます。
ただ実際の演奏では1と2をミックスすることも多いです。例えば速いテンポの曲などでは1のやり方の方が楽です。

以上のやり方に「コードトーン」や「フレーズをはめる」などの方法をミックスしていきます。

また次回^_^

「葛西ウクレレ・ラボ」でもブログを書いています。検索してみて下さい!
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/292-7438cdd6