FC2ブログ
こんにちは。

コロナウイルスが話題です、、
私の教室でもマスクをした生徒さんが多くなりました。

今回は「楽器店での試奏!」と言うタイトルで書いていきます。

新品の楽器を購入した生徒さんに聞くと「購入時の試奏が緊張した!」と言う方が意外と多いです。
特に「クラシックギター」の試奏は難易度が高いようです。笑

ただ「試奏が苦手」と言って試奏せずに楽器を購入するのは冒険です。店員さんに弾いてもらったりして、なるべくその楽器の音を聞く事が大事です。

私も経験がありますが、楽器店の店員さんが試奏しているのを見る、または聞くのはとても楽しく、ためになります。

ずいぶん昔になりますがギターアンプを購入する為に某楽器店に行ったことがあります。そこの店員さんが親切な方でいろいろなアンプを片っ端から鳴らしてくれました。「アンプによってこんなに音が違う!」という事を実感しました。同時私はまだ学生だったので高価なアンプは購入出来ないのですが、私の予算内で最適なアンプを選んでくれました。

そういえば、楽器店の店員さんも以前レッスンに来ていた事があります。私が「いろいろな楽器にふれていいですね」と言ったら「いやいや、やる仕事がたくさんあるので、そんな感じではありませんよ」のような返事でした。
好きな楽器も仕事になると大変なんだなぁと思いました。

楽器を試奏する時は「その楽器を購入するつもり!」という場合も多いと思います。心の中では「もう、8割がた購入!試奏は最終チェック!」このような状況です。笑

しかしながらこのような心理状況では試奏してもその楽器のアラは見つけづらいはずです。何故ならもう心はその楽器に持っていかれています。(笑)

ですから冷静に音や弾きやすさ、などを判断しないといけません。(難しいですが、、何故ならアバタもエクボ状態ですから、、笑)

最近は「楽器もネットで買う!」時代です。ただ楽器は現物を見、試奏し、納得してから買うのがベストですね!

「葛西ウクレレ・ラボ」でもブログを書いています。検索してみて下さい!
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/293-de60b6b6