今ではJAZZのスタンダードの譜面は出回っていますが、すこし前まではほとんどありませんでした。あったとしとても、和声的に合っているがアドリブがやりづらかったり、コード付けが細かすぎたりして演奏が困難でした。。当時は師匠や先輩にメロ、コード進行など、教えてもらったりしていました。
中でも「REAL BOOK」は信頼性のある楽譜でした。(値段が高い。) 次によく使っていたのが「ジャズスタンダードハンドブック」(俗に言う青本。)今の標準が「ジャズスタンダードバイブル」です。
自分がリーダーとして演奏するのであればどんな楽譜でも構わないと思います。メンバーが「この曲こんなコードで演奏するの?」
等の意見があるかもしれませんが、自分がリーダーなら許されるでしょう。
スタンダード等楽譜は「ジャズスタンダードバイブル」(インスト)が業界標準になるでしよう。

Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/30-ba4fb4af