FC2ブログ
こんにちは。

今回は「ノンダイアトニックコードあれこれ 4」になります。

早速前回からの続きです。


「Ⅲm7♭5」

このコードはⅡm7(Ⅱm7♭5)に対してのセカンダリードミナントのⅥ7をツーファイブ化した時に出てきます。
またⅢm7-Ⅵ7があった時、Ⅲm7をⅢm7♭5に変更する事があります。Ⅲm7-Ⅵ7という進行は大抵Ⅱm7などのマイナー系のコードに解決する為、Ⅲm7をⅢm7♭5にしてマイナー件への傾斜を強くするという事です。
(Em7-A7-D m7をEm7♭5-A7-Dm7とするの意)
セカンダリードミナントのツーファイブ化とは、Dm7-G7があった時Dm7のセカンダリードミナントとしてのA7をDm7の前に挿入します。(A7-Dm7-G7)
さらにこのA7をツーファイブ化します、するとEm7-A7-Dm7-G7となり、Em7が出現します。このEm7はダイアトニックコードのⅢm7でもありますが
A7をツーファイブ化して発生したコードとも考えられます。ただしA7(Ⅵ7)をツーファイブ化した時のEm7はマイナー系コードに進むと考え(この場合Dm7)Em7♭5としてマイナー系に進む事を示唆し、これによりセカンダリードミナントでのツーファイブ化では「Ⅲm7♭5」(Em7♭5)を使います。

ここで話はそれますが「セカンダリードミナントのツーファイブ化で発生するm7もしくはm7♭5のコード」をまとめてみます。
(これを解説しないと進めなくなりました、、笑)

メジャーkeyのおいて、(keyC)


Ⅱm7のセカンダリードミナントとしてのⅢm7♭5-Ⅵ7 「Ⅲm7♭」
(Dm7→Em7♭5-A7 「Em7♭5」)

Ⅲm7のセカンダリードミナントとしてのⅣ#m7♭5-Ⅶ7 「Ⅳ#m7♭5」
(Em7→F#m7♭5-B7 「F#m7♭5」)

ⅣM7のセカンダリードミナントとしてのⅤm7-Ⅰ7 「Ⅴm7」
(FM7→Gm7-C7 「Gm7」)

Ⅴ7のセカンダリードミナントとしてのⅥm7-Ⅱ7 「Ⅵm7」
(G7→Am7-D7 「Am7」)

Ⅵm7のセカンダリードミナントとしてのⅦm7♭5-Ⅲ7 「Ⅶm7♭5」
(Am7→Bm7♭5-E7 「Bm7♭5」)

ちなみにⅠM7(CM7)に対してのセカンダリードミナントは無いです。何故なら普通のⅤ7-ⅠM7(G7-CM7)もしくはⅡm7-Ⅴ7-ⅠM7(Dm7-G7-CM7)のようなノーマルなツーファイブになるからです。またⅦm7♭5に対してのセカンダリードミナントは普通使われません。
さらに解決先がマイナー系のコードの場合「m7♭5」とします。

マイナー系でのセカンダリードミナントと、そのツーファイブ化に関しては  

Ⅱm7♭に対するⅢm7♭5-Ⅵ7 「Ⅲm7♭5」
(Dm7♭5→Em7♭5-A7 「Em7♭5」)

Ⅳm7に対してのⅤm7♭5-Ⅰ7
「Ⅴm7♭5」
(Fm7→Gm7♭5-C7 「Gm7♭5」

Ⅵ♭M7に対してのⅦ♭m7-Ⅲ♭7
「Ⅶ♭m7」
(A♭M7→B♭m7-E♭7 「B♭m7」

このあたりがよく使われます。他にもマイナーkeyでのダイアトニックコードに対するセカンダリードミナント、さらにそのツーファイブ化でのコードは考えられますがあまり使われ無いので省略します。

実はこのセカンダリードミナントは裏コードに変換も可能な為、「セカンダリードミナントを裏コードに変更し、それをツーファイブ化した時発生するコード!」(笑)というのも考えらます。

これは次回にします、、、


遠隔レッスン開始しました。遠隔の方も歓迎です。(音楽理論もやっています)
詳しくはメールでご連絡下さい!

123@123-guitar.com

「葛西ウクレレ・ラボ」でもブログを書いています。(動画あり)検索してみて下さい!
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/301-dc0311d1