FC2ブログ
こんにちは。

「ノンダイアトニックコードのあれこれ 5」です。

早速前回からの続きにです。

前回は「セカンダリードミナントをツーファイブ化した時に発生するノンダイアトニックコード」を解説しました。今回は「セカンダリードミナントを裏コード化してツーファイブ化した時のノンダイアトニックコード」を解説していきます。

裏コードとは7thコードを減5度上げるか下げるかしたコードです。要するC7(Ⅰ7)があった時、このコードを減5度上げ(下げ)します。するとG♭7(Ⅴ♭7)というコードが出来ます。そしてこのC7(Ⅰ7)に対してG♭7(Ⅴ♭7)のコードを裏コードと言います。この表のコードと裏のコードは入れ替え可能なのです。理由としては表のコードにあたるC7(Ⅰ7)の3th(ミ)と♭7th(シ♭)の音が裏コードのG♭7の♭7th(ミ)と3th(シ♭)が一致しているからです。要は構成音が似ている!という事になります。
ですからⅤ7-ⅠM7(G7-CM7)をⅡ♭7-ⅠM7(D♭7-CM7)に変更する事が可能となります。
ではセカンダリードミナントの裏コードを書いていきます。(keyC 「 」が裏コード)

Ⅴ7→「Ⅱ♭7」(G7→D♭7)(Ⅴ7はセカンダリードミナントでは無いですが)

Ⅵ7→「Ⅲ♭7」(A7→E♭7)(Ⅵ7はⅡm7のセカンダリードミナント)

Ⅶ7→「Ⅳ7」(B7→F7)(Ⅶ7はⅢm7のセカンダリードミナント)

Ⅰ7→「Ⅴ♭7」(C7→G♭7)(Ⅰ7はⅣM7のセカンダリードミナント)

Ⅱ7→「Ⅵ♭7」(D7→A♭7)(Ⅱ7はⅤ7のセカンダリードミナント)

Ⅲ7→「Ⅶ♭7」(E7→B♭7)(Ⅲ7はⅥm7のセカンダリードミナント)

以上「 」がメジャーkeyでの裏コードです。


マイナーkeyで(keyCm)よく使われるセカンダリードミナント3つ位なのでその裏コードを表記しておきます。

Ⅵ7→「Ⅲ♭7」(A7→E♭7)(Ⅵ7はⅡm7♭5のセカンダリードミナント)

Ⅰ7→「Ⅴ♭7」(C7→G♭7)(Ⅰ7はⅣm7のセカンダリードミナント)

Ⅲ♭7→「Ⅵ7」(Ⅲ♭7→Ⅵ7)(Ⅲ♭7はⅥ♭M7のセカンダリードミナント)

以上です。

さらにこれらの裏コードをツーファイブ化する事も出来ます。例えばⅡ♭7-Ⅰ M7(D♭7-CM7)をⅥ♭m7-Ⅱ♭7-ⅠM7(A♭m7-D♭7-CM7)のような事が出来ます。

では裏コードをツーファイブ化する時に発生するm7を書いていきます。(「 」がそれ!ちなみに裏コードでのm7はm7♭5にする事はあまり無いです)

「Ⅵ♭m7」-Ⅱ♭7-ⅠM7

「Ⅶ♭m7」-Ⅲ♭7-Ⅱm7(Ⅱm7♭5)

「Ⅰm7」-Ⅳ7-Ⅲm7

「Ⅱ♭m7」-Ⅴ♭7-ⅣM7(Ⅳm7)

「Ⅲ♭m7」-Ⅵ♭7-Ⅴ7

「Ⅳm7」-Ⅶ♭7-Ⅵm7

「Ⅲm7」-Ⅵ7-ⅥM7

このようになります。

ですから、クイズとして考えた場合「keyCでCm7が発生する可能性はある!(転調なしで)」という事です。(笑)
理由としては「keyCでダイアトニックコードのⅢm7のEm7があったとして、そのセカンダリードミナントⅦ7(B7)の裏コードⅣ7(F7)が発生したとしてそれをツーファイブ化したⅡm7にあたるコードがCm7(Ⅰm7)、、、」笑

Cm7-F7-Em7となります。 

セカンダリードミナントのツーファイブ化とその裏コードのツーファイブ化で発生するコードはこのように沢山あると言う事です!

まだ続きます。


遠隔レッスン開始しました。遠方の方も歓迎です。音楽理論もやっています。
詳しくはメールでご連絡下さい。

123@123-guitar.com


「葛西ウクレレ・ラボ」でもブログを書いています。検索してみて下さい!

Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/302-abcfc0c7