FC2ブログ
こんにちは。

「ノンダイアトニックコードのあれこれ 7」
になります。 


「Ⅳ7」
このコードはマイナーkeyではダイアトニックコードになります。(メロディックマイナーのⅣ7)
しかし、メジャーkeyで使われた時はノンダイアトニックコードです。
よく使う場所としてはブルースのⅣ7としてです。解釈としては本来ⅣM7もしくはⅣのコードにブルーノートが入った、と言う事です。Ⅳ7の7thは元のkeyの♭3thのブルーノートにあたります。ですからその音を付加したという事になります。
(keyCでF7が使われた時の例では、keyCでのCブルーノートである♭3thをⅣのFのコードに付加した。結果F7)

Ⅳ7のコードを使うとブルース風のサウンドになります。


「Ⅳ# m7♭5」
このコードはメジャーkeyでのノンダイアトニックコードです。
セカンダリードミナントのツーファイブ化としても考えられますが、トニックコードの代理コードでもあります。
この「Ⅳ#m7♭5」は構成音を並び変えると「Ⅰ6#11」というコードになります。テンションである#11thがルートになったと考えます。(F#m7♭5の構成音はファ#、ラ、ド、ミ、C6#11の構成音はド、ミ、ソ、ラ、ファ#)


「Ⅳm7」
このコードはマイナーkeyではダイアトニックコードです。メジャーkeyではノンダイアトニックコードになります。
このコードはとてもよく使われます。
解釈としてはマイナーkeyからの借用和音という事になります。
コードの機能としては「サブドミナントマイナー」という機能です。この機能は「ドミナント」と「サブドミナント」の間の「不安定感」があります。ちなみに「サブドミナントマイナー」というのは「マイナーダイアトニックコードの中で「♭6th」が入っているコードです。
(Ⅱm7♭5、Ⅳm7、Ⅳ7、Ⅵ♭M7、Ⅶ♭7)
またメロディー等の関係で「Ⅳm6」「ⅣmM7」などで使われる事もあります。さらに次にⅦ♭7に進みⅣm7-Ⅶ♭7の形で使われる事も大変多いです。



「Ⅳ#dim7」
このコードは「パッシングディミニッシュ」というコードになります。通常ⅣM7-Ⅳ#dim7-Ⅴ7のような形で使われます。(FM7-F#dim7-G7)この場合、Ⅳ#dim7はⅡ7♭9と同じと解釈し(構成音が同じと解釈)Ⅴ7のセカンダリードミナントになります。
またⅣM7-Ⅳ#dim7-ⅠM7/Ⅴのような形でも使われます。
(FM7-F#dim7-CM7/G)
これはジャズ系のブルースの5小節目以降でよく使われれます。この場合のⅣ#dim7はⅦ7♭9と解釈します。(構成音が同じと解釈)
そしてⅠM7/Ⅴは代理コードのⅢm7と変化させます。するとⅦ7♭9はⅢm7のセカンダリードミナントとなって繋がっている、という事になります。
(FM7-F#dim7-CM7/GはFM7-B7♭9-Em7の意)

まだまだ続きます、、笑

遠隔レッスン開始しました。
遠方の方歓迎です。
詳しくはメールで、

123@123-guitar.com

「葛西ウクレレ・ラボ」でもブログを書いています。(動画あり)
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/304-a84d4d79