FC2ブログ
こんにちは。
今回は「音程とノイズ処理が大事!チョーキング」というテーマで書いていきます。

「チョーキング」は弦を引き上げて音程を上げるテクニックです。ロックギターに於いては必須テクニックです。というかこれが無いとロックギターに聞こえません(笑)

しかしこの「チョーキング」というのはしっかりと綺麗に決めるにはそれなりのテクニックが必要です。
まず問題になるのが「チョーキングにおけるフォーム」です。
このフォームは2つの型があります。1つは親指をネックの上に出して握るような形にして手首の力を使ってチョーキングする型です。もう1つは親指はネックの裏にあり指の力で弦を引き上げる型です。
ほとんどのチョーキングは最初の手首を使うタイプです。手首の力を使った方が楽にチョーキング出来るからです。しかし問題もあります、、
普段、親指をネックの裏に置くジャズ系のフォームの場合、チョーキング時は急に親指を握るフォームに変えなければなりません。
だからといって後者の指の力だけでのチョーキングも慣れるまで大変です。
結局、手首の力を使うタイプに軍配が上がります、、

また通常チョーキングというのは1音上げます。しかし音程が上がりきらず半音ぐらいになっている例はかなりあります。ですから一旦、1音上の音(2フレット上)の音を確認してからチョーキングをする練習が必要です。

チョーキングには

「クオーターチョーキング」
(4分の1音上げ)

「半音チョーキング」
(半音上げ)

「チョーキング」
(1音上げ)

「1音半チョーキング」
(1音半上げ)

「2音チョーキング」
(2音上げ)

などがあります。ちなみに「天国への階段」(レッド・ツェッペリン)では「2音半チョーキング」というのが出てきます。2音半となると短3度となりフレット5個分弦を引き上げる事になるので、場合によっては一発で弦が切れる事があります、(笑)

さらに「チョーキング」には引き上げた弦をもとの音程に戻す「チョーキングダウン」というテクニックがあります。テクニック自体は簡単ですが不用弦のノイズを鳴らさずに綺麗に決めるには練習が必要です。
実はチョーキングやチョーキングダウンはノイズがとても出やすいテクニックです。アンプを通さずに練習しているとそのノイズに気が付かない場合もあります。また生音では気にならなかったノイズもディストーションなどで音を歪ませると意外と不用弦のノイズが鳴っているという事もよくあります。

「葛西ウクレレ・ラボ」でもブログを書いています。
「葛西ウクレレ・ラボ 」ここをクリック
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/321-5981b12e