アンサンブル等で合わせる時、和声やリズム、メロディなどが合っていても、土台になるビート(拍)の感じ方がそれぞれ違っていたら、微妙な違和感が有ります。(俗に言う、ノリが合わない。)ラテン系の曲などは、2拍子の曲が多いので注意が必要です。(漫然と4拍子で演奏してしまう事が多いです。)それと重要なのが「拍は均一ではない。」と言うことです。ポピュラー等の楽曲などは拍がきっちりしていますが、拍が伸び縮みする音楽は沢山有ります。(クラシック等。要するにメトロノームなどで合わせ辛い。)それと、機械的リズムがメロディを伴い音楽的な節になり(メロディを歌わる。)拍を伸ばしたりします。
「メトロノームに合わせる練習は重要ですが、自分のビート感覚はもっと重要です。」
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/37-71b08b78