FC2ブログ
スケールが指板上で見える状態になれば、ゴールはかなり近づきます。次はそこからフレーズを作っていくと言う作業です。最初は、2小節位のフレーズにします。(すべて8分音で構いません。)重要なことは、行き当たりバッタリで弾くのではなく、きっちりとしたフレーズとして仕上げることです。3つから5つ位で充分です。次はコードをバックで鳴らします。(Cメジャースケールでの練習の場合、CM7のコードのカラオケを作っておくといいでしょう。iReal Proを使えば便利です。)ポイントは、適当に弾くアドリブの中にあらかじめストックしているフレーズを散りばめると言うことです。この癖が大事です。(今のところはコードトーン無視で構いません。アボイドノートも同様。)
また次回。(^。^)

日米リーディングカンパニーが作ったお洒落で美味しいべイプ 【スムースビップ/Smooth VIP】






お名前.com
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/58-0c3a24c2