FC2ブログ
前回の続きです。
Fコードを押さえる時の注意点です。
1つ目は、押さえた時、薬指と小指が重なるのがベストです。小指の上に薬指が乗っかる感じです。よく見かけるのが、薬指と小指が離れていて5弦を押さえる薬指がフレットから離れていて、音が出ていない。

ですから、人差し指と、中指と、薬指、小指の3指で押さえる感じです。
2つ目は、「押さえいる指を反らせない。」
特に中指が反りやすいので注意が必要です。
3つ目は、「人差し指は真っ直ぐ。」と言うことです。カーブしていたり斜めになっていたりすると、音が出ない弦が発生します。(慣れてしまえば、多少カーブしていても音は出ますが、最初は真っ直ぐで練習しましょう。)
4つ目は、押さえる時に、親指と他の指でネックを挟む力だけではなく、左手を後ろに引く力も少し加えると音が出やすくなります。(あまり力を入れるとネックに負担がかかります。)
Fコードでは2弦が一番音が出づらいので、2弦の音が出てこそ、「克服出来た。」と言えでしょう。
次回また^_^

海藻由来の“ダイエット”成分!

Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/60-d5435dc4