FC2ブログ
アルペジオで大事なことは各弦の音のバランスです。だいたいにおいて人間の右手は、i(人差し指) m(中指) p(親指)が良く動きます。反対に a(薬指)は動きが悪いです。
アルペジオの場合、一番動きが悪いa(薬指)が、一番目立つ1弦を担当します。とても矛盾する事態となります。ですからa(薬指)を鍛えることが大事になります。
それと悪い例としては、a(薬指)が動かないので手を振ってしまうと言うことがあります。なるべく右手の甲を動かさず、指だけの動きで弾けるようにしましょう。もう一つの注意点は、なるべく「弾いた指はもとにもどす」
要するに弾いた後、指を曲げた状態のままではなく、スタンバイの状態にもどすと言う事です。
アルペジオのバランスが良いと、簡単な曲でも、とても美しい音楽に変わります。
是非練習しましょう。

また今度(^_^;)


Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/73-80f266c5