FC2ブログ
前回の発表会では講師演奏として、ギターだけではなく、ウクレレも弾きました。
バンドの中でウクレレを弾くときに困るのが、音の増幅です。(アコギもそうですが)
主に2つの方法が有りなす。1つは、マイクでひろう。2つめはウクレレにピックアップマイクがついていればそれを使う、です。
まずマイクを立てるやり方ですが、これが意外と難物です。ウクレレとマイクの距離でかなり音が変わります。しかも演奏中、動いてしまうと音量が変わってしまいます。ただ良いマイクを使えば音は良いです。次にピックアップマイクを使う方法ですが、基本的にそれがついているウクレレでなければダメです。利点は、手軽と言うことです。シールドを刺すだけで基本、音は出ます。ただ音は空気振動なのでピックアップ付きウクレレの場合、出た音を直接拾う感じになるので、硬い音になります。
マイクの場合はウクレレとマイクのあいだに空間があるので空気感を再現できます。
どちらも一長一短です。ただピックアップ付きウクレレは現場では楽です。(JAZZライブで使ったことがあるのですが、マイクを立てたりする手間がないのでとても楽でした。今回の発表会もそれでいきました。)

また後日(^_^;)
Secret

TrackBackURL
→http://123guitar.blog84.fc2.com/tb.php/76-2c1e9a53